寝不足

口は災いの元

タグ "結婚" の付いた記事

2/19 sun. 結婚記念日ランチ

年に1度のぜいたくで、結婚式を挙げたホテルでワイフと2人でちょっとぜいたくランチ。
結婚記念日割引が効くというだけで、結婚記念日でもなんでもない日だけども・・・。
ちょうどうちの両親が「孫に会いたい」というので、これ幸いと去年と同じく今年も預かってもらってしまった。
子供もいて3人もいいけど、今のうちから夫婦2人だけの時間が全くなくなってしまっているのもどうかなと。
ただ、子供のいない開放感で1品1杯ペースでワインを飲んでしまったのは反省だ。
料理もおいしいので、満腹になってしまった。

食事が終わった後、両親&娘とは上野で合流だったんだけど、せっかくワイフと2人だったし、上野に行けたこともあり、ちょっと欲しかったジーンズを物色。
今日は見るだけと思ってたところ、ワイフが見てたジーンズの説明をしてた店員さんと雑談になり、「僕はあんまりストレッチとか入ってるの好きじゃないですよね」という話をしてたら、「細身のジーンズは好きですか?僕のオススメだあるんですが」と店員さん。
教えてもらったジーンズがけっこういい感じで、ワイフも「ディスプレイが気になっていたと」。
履いた感じも今履いているタブロイドジーンズの801よりさらに細身な一方で、腰回りはゆったり。
リジッドだからここからの縮み具合が不安だったけど、もう惚れてしまったのでお買上げ。
新しいジーンズは2万円以上の予算を予定してたけど17,000円で済んでしまった。

その後、両親&娘と合流。
天気もいいところでちょっと上野の公園を散歩。
食事もおいしかったし、ジーンズも買えたし、今日は満足な1日だった。
スポンサーサイト

1/13 sun. 結婚日記(二次会以降編)

披露宴を終えて、衣装室にいったん戻って荷物をとって、泊まっていた部屋に戻る。
ホテルに主導してもらうのはここまでだ。
部屋に2人きりになると、急に疲れが出てきた。
さすがにワイフも「二次会行かなくていいくらいかも…」と。
髪型を作っちゃっているワイフは横になるわけにもいかず、30分ほどテーブルにタオルを敷いて休憩。
僕もいすに寝そべるようにだらっと座って仮眠をとってた。

お願いしていたタクシーのお迎えの連絡で目を覚まし、気分も変えて二次会に出発。
ちょっと早く着いてしまって、遅れ気味の人たちに会ってしまったりしつつ、時間に二次会開始。
幹事がしっかりやってくれたおかげですごく盛り上がった。
僕らも今日ようやく食事ができて、楽しみながらもひと心地着けたかなと。
二次会荒らしの我が同期たちは珍しくワイフ側に押されたようで、特に飲まされることもなく僕も楽しく過ごす。
心配してたゲームも、景品がうまくグループごとに分かれた感じになって良かった良かった。

さて、最後に僕のあいさつと見せかけて、12月のアタマに準備しておいたワイフへのサプライズを披露。
最初に音が出なくてあせったけど、まあなんとか全部流せた。
ただ、会場の雰囲気はちょっと微妙で、さらにワイフ自身がビックリしすぎちゃったみたいでリアクションが薄い…。
まあやりきったっていうところで、僕は満足だった。

二次会も無事に終わって、もらったプレゼントなんかの大荷物をホテルの部屋に持って行って、着替えをしてたら三次会が終わって四次会のタイミングだった。
ただ、人数も10人くらいで、みんなと話ができるくらいの感じで好都合っちゃ好都合。

夜中1時にお店を出て、今日という長い1日だ終わった。
ワイフもごきげんだ。
一生の思い出になるすばらしい1日だったな今日は。

1/13 sun. 結婚日記(結婚式・披露宴編)

6時起床。
8時半には衣装室に行かなければいけないし、なんだかんだ食事や準備で時間がかかるので、相当早めに起きた。
天気は快晴、バッチリだ。
「さて、着替えて朝食に…」と思ったら、ワイフが「(両親への)手紙が書けない」と。
仕方がないので僕1人だけで朝食。
いいホテルで、それもテラス席で結婚式当日に1人ぼっち飯…さびしい。

僕が朝食を終えて戻ってもまだワイフは書き終わっていなかったんだけど、時間がないので衣装室へ。
ホテルの人みんなが「おめでとうございます」と言ってくれるのはうれしい。
すぐにワイフは着替えやヘアセット開始。
僕は少し時間があったので、披露宴最後の新郎あいさつを考えて待つ。
なんだか緊張してきたせいか、昨日の夕飯が良くなかったのか、腹具合が悪い。
しばらくすると僕も別室で着替え。
まずは白のタキシードだ。
どうも僕はしっくり来てなかったんだけど、介添え担当の人からは「お似合いですよ」と。
そのあと髪型をセットしてもらったら、なんとなく僕自身もそれほど違和感を感じなくなった。

僕の着替えが終わってもワイフは準備中。
ただ、準備をしている間に手紙は書き終えたらしい。
僕もなんとなくあいさつがまとまったし、トイレに行って腹具合も小康状態になってきたんで、これで心おきなく今日一日を楽しむ心の準備ができた。

準備を終えたワイフは僕が言うのもなんだけどキレイだった。
まずは写真撮影で、ホテルの中で撮影をしていたら、ばったり妹たちや遠くから呼んできてもらった人たちと遭遇。
「全然緊張してなさそう」と言われたけど、ただ楽しくなってきてニヤニヤしていただけだ。
ホテル内のロケ撮影、スタジオ撮影を終えて、集合写真の会場で家族・親族と合流して親族紹介。
甥っ子、姪っ子のチビッ子2人が良い感じで場をなごませてくれる。

そんなこんなであっという間に挙式の時間が迫っていて、僕らとワイフのご両親は挙式の前室に移動。
そこで挙式の手順を教わっていたら、「はい、じゃあ行きますよ」と。
今日1日を仕切ってくれるオジサンに「緊張してます?」と言われて、「はい」とか言って笑ってたらもう入場。
ドアが開いて一番最初に目に入ったのが仲の良い学生時代の友達で、それ見てニヤニヤしてしまったら会場内は爆笑。
そのままなごやかな雰囲気のまま、つつがなく挙式は終わった。
ちょっと快晴すぎて外光で暑かった。

挙式後、テラスで写真撮影。
だいたい呼んだ人のグループを一周したくらいで、披露宴の受付時間に。
僕らはいったん衣装室に戻る。
順調だし良い雰囲気で、僕はニヤニヤしっぱなしだ。
ただ、この間にウェルカムスピーチを再確認。
そこもちゃんとやらないと台無しになってしまう。

呼び込みがあって披露宴会場へ。
「思ったよりテーブルが詰まってるな」と思ってしまう。
テーブルを縫うようにして歩いて高砂へ。
ウェルカムスピーチも問題なし。
両家側主賓のあいさつがあって乾杯。
すぐに食事が出てきたけど、一口ふた口でもう写真攻勢が始まってしまった。
ビールを持ってきてくれる人もいたけど、ほとんどみんな写真ばっかりで、恐れていた飲まされすぎるということもなく…。
気づけばケーキ入刀。
母親から食べさせてもらうラストバイト、新郎新婦のファーストバイトをやって、僕の大学の先生のスピーチが終わったらもうお色直し。
けっこう時間あると思ってたのにあっという間だ。
ワイフが先にお色直しに出て、しばらくしてから僕の番。
高校からの親友をサプライズで呼び出したら、良い感じのバタバタ感で、また笑いが起こって狙い通り。

なんて楽しいんだと思いながら、グレーのタキシードに着替え。
こっちは着慣れている色合いのせいか、自分でもしっくりくる。
再入場の準備を終えて入口で待っていると、ちょうどプロフィールビデオを流し始めた時間帯で、「マジメに」と言ってたワイフ部分で爆笑が起こっていた模様。
そのあとの2人のパートでは僕が笑いを取りに行った部分できっちり笑いが起こっていて良かった。

再入場後はテーブルラウンドで各テーブルごとに写真を撮って、その時にとりあえず全員と話もできた。
それから友人代表スピーチ。
ワイフ側の友達が笑いあり、泣きありで、そのあとの僕の方の同期がちょーっと緊張で上滑り気味。
まあでも変に笑いを取りに行ったりせずにやってくれて良かった。

スピーチが終わってまたちょっと写真を撮ってたら、「では新婦のお手紙です」と。
てっきり会場のはじっこの方に僕らが移動してくのかと思ってたら、両親のみ移動して僕らは高砂の方からやるらしい。
ワイフの手紙に会場は涙。
それから記念品を渡して、うちの父親のあいさつ。
これがひどかった…。
あとでみんなに「お父さんおもしろいな」と言われたけど、僕としてはもうちょっとマジメにやってほしかったなと。
僕もちゃんとしようと思っていたのに、なんとなく調子を崩され、さらに話し始めたところで僕のジイサンが「長えな」とぼそっと言ったのが会場中に…。
気を取り直してあいさつを始めたものの、うちの親族からの妙な声援もあって、まあ盛り上がったんだかなんだったんだか。
退場後、エンドロールを流すのが外で聞こえて、僕が出オチを狙った写真がバッチリ笑いを取れていていたんで、あいさつの時の変な感じも僕の中でチャラになった。
という感じでまあ、とりあえず無事には終わった。

みんなを送って、最後にもう一度何枚か撮影。
1日カッチリした写真ばっかりだったんで、最後の1枚はちょっとフランクな写真を撮ってもらった。

結婚式と披露宴がこんなに楽しくていいものだなんて思わなかった。
準備は面倒だったし、ワイフともケンカが絶えなかったけど、本番は最高だった。
すごく幸せな気分だ。
これからもこの楽しい思い出を共有しながらワイフとやっていければいいなと思った。

12/16 sun. 結婚日記(試食会)

今日は夕方からホテルで生花の打ち合わせ。
前回の打ち合わせでだいぶイメージはつかめていて、今回の打ち合わせでそれを実際に作ったものを見せてもらったんだけど、なかなか良い感じ。
ワイフはこのあとのブーケのことも気にしてたみたいだけど、それはまた今度ということに。

このあと試食会があったんだけど、時間ができてしまったんでホテルの中をブラブラ。
まだプチギフトとか親に渡す記念品とか、いろいろ決めなきゃいけないことはたくさんある…。
決めなきゃいけなことあるなあと思うと途端に準備がめんどくさくなるんだよなあ。
ワイフなんかわかりやすく機嫌悪くなるし。

さて、試食会。
通年のコースと季節のコースがあって、ワイフと僕で1つのコースずつ。
値段も何段階かあるんだけど、今日食べるのは一番高いコースだ。
一応、金額は本来の半分だけど、それでも1万円近くしている。

実際の披露宴風な配席でコース開始。
司会の人から「作法にこだわらずに、お互い食べ比べてみてください」という声もあって、みんな思い思いに食べていた。
僕らも同じように食べ比べていたんだけど、これがすごくうまい。
けっこう嫌いなものがあった僕も嫌だなと思わずに食べられた。
それぞれのコースでマルバツをつけていって、僕の中では季節のコースの勝利。
ワイフはオードブルのおいしさで早々にやられてしまったらしく、季節のコース一択だった。
試食会終わってすぐに、プランナーの人からどうするか聞かれたけど、さすがにすぐ答えられないので保留。
でも試食会には参加しといて正解だった。
こんなおいしいなんて、期待も大きくなる。

さて、今週はほんとにいろいろ決めていかないといけないな。
2人でケンカしないようにがんばらないと。