寝不足

口は災いの元

カテゴリー "山登り" の記事

9/6 sat. 雲取山

夜中の3時半に迎えに来てもらい、途中コンビニに寄りつつ5時半すぎに鴨沢バス停に到着。
駐車場はまだ停められたので、小袖乗越に車が停められるところまで行かずにここから歩くことにした。

トイレ寄ったり準備をして、5時45分登頂開始。
30分ほど歩くと小袖乗越の駐車スペースに到着。
こっちがいっぱいなんじゃないかと思ってバス停の駐車場に止めたけど、30分歩くならこっちに停めればよかった。
ただ、ここ私有地らしいので、いろいろ考えると停められるならバス停駐車場の方が無難なのか。

基本的になだらかな登りをずーっと歩いて行ったんだけれども、これが長い。
七ツ石山の小屋をすぎて、まき道から尾根に出ると、そこからは景色が広がった尾根を歩いて行く感じだった。
尾根に出ると何か所か急登があって、歩くこと5時間、10時40分頃避難小屋に到着。
本に書いてあった予定時刻では4時間35分っだったんだけど、予想より時間がかかった。
山梨県の百名山の印があって、ここが山頂だと思ったら、周辺地図があって別のところが山頂だった・・・。
気を取り直して、少し歩いて山頂到着。
ガスってて周りは見えなかったけど、東京都最高峰を制した充実感はあった。

それから雲取山荘まで移動して休憩と昼食。
雲取山は途中の水場がちょこちょこあって、雲取山荘でも「沢やか水」なる沢の水がジャバジャバ出ていて、これがおいしかった。
帰り用にちょっと残ってたペットボトルに追加。

12時15分頃下山開始。
帰りは極力尾根は使わず、まき道があるところは比較的アップダウンの少ないまき道を使用。
雲取山荘で「3時半くらいから雨が降る」という話を聞いたので、気持ちは急ぎながら、その体力がなく・・・。
それでも3時30分ちょいすぎに小袖乗越の登山口に戻ってこれた。
そこからのバス停までの道はもう足が痛くって、やっぱり小袖乗越の駐車スペースに停めるべきだったなと。
そんなこんなで4時前に駐車場到着。
荷物を降ろしてたらちょうど雨が降ってきて、タイミングばっちしだったなと。

ひと息ついてから、少し山梨方面に進んで、「のめこいの湯」で汗を流して、足もマッサージ。
奥多摩のぬるくてぬるぬるするお湯は好きだ。
休憩してから都内に戻ってきて、夕飯を食べて帰宅したのが10時。
タフな1日だった。

以下、反省と感想。
・今日は山に登ると自分でもわかっていたのに、課の飲み会で飲みすぎた。
山登りに二日酔いは禁物だとわかっていたのに・・・。
さらに風邪ひいて咳が出るような状態だったから、完全に体調管理失敗。
おかげでペースは悪いし休憩は増えるし、ガイドブックよりもだいぶ時間がかかってしまった。
・今日は雨が降るかと思っていたんだけれども、朝は晴れていて、少なくとも山の中では降られなくて良かった。
途中曇っていて、山頂でもガスで何も見えなかったけど、一瞬富士山のアタマは見られたので満足しておこう。
・雲取山は登山道はきつい山ではないし、ガスってなければ眺望もすごく良さそうなので、すごく好印象。
ただ、登りの時間が長いので日帰りは体力的にかなりきついのと、交通の便が悪くて、車じゃないと行く気になれない。
・幸いクマは出なかったけど、シカとでかいカエルは見た。
スポンサーサイト

7/25 fri.-7/26 sat. 富士山登山(3回目)日記(仮)

メモ

・出発バス30分遅れる

・9時富士宮口スタート

・ほぼ予定時間どおりの登頂。各山小屋で30分ずつ休憩

・9合目で25:30着。山小屋が開いたので軽食

・26:00から九合目スタート、団体客渋滞発生

・九合目から九合五匁で30分、九合五匁から山頂まで30分で、3時半くらいに山頂着。
 団体渋滞に巻き込まれたけど、アタマ痛かったし結果的によかったのかも。

・富士宮口ルートなので、ご来光が見える場所まで移動してポジションどり。あんまり混んでなかった。

・3度目の富士山にして初ご来光。感動。

・お鉢めぐりして剣ヶ峰に行くも、人多すぎて記念撮影断念。怖い展望台も使用禁止でがっくりも、雲海に浮かぶ八ヶ岳やらアルプスがすばらしかった。影富士もばっちり。

・初の富士吉田下山ルートは、かなりしんどかった。長いのもあるけど、駐車場までダラダラ道長すぎ。

・久々の富士吉田口はすごく人多かったし、なんか新しい施設もできてた。

・河口湖駅まで戻って、ほうとう食べて、温泉入って、ソフトクリーム食べて、バスで帰宅。
 バスは中央道の定番渋滞に事故渋滞も合わさって、3時間ほどかかったけどほぼ爆睡。

・過去一番いい天候のコンディションだったけど、過去一番悪い体調だった・・・。
 すごく疲れた。

10/14 mon. 浅間山・権現山・弘法山

高尾山以来の今年2回目の山登り。
久しぶりのワイフとの山登りだったんで、超お手頃な弘法山に行くことにした。

早めに起きて朝マックして、秦野駅から徒歩で登山口へ。
僕は2回目なんだけど、なんとなく前回よりも楽な感じ。
少し山登りらしき雰囲気の道を上がっていくと、もう浅間山到着。
富士山はあんまりよく見えない。

それから少しあるいて次は権現山。
ここの展望台から富士山がうっすら見えた。
今日は絶好の天気だったんだけど、冬ほど空気が澄んでいないのかはっきりとは見えず。
まあでも久しぶりに富士山を見られて良かった。

ここから馬場道というまーっすぐな道を歩いて、少し登ればもう弘法山だ。
9時すぎに秦野駅を出て、ここに着いたのは10時半。
せっかくおにぎり準備していったのに昼食より早すぎてしまって、少し食べただけでもういいなと。

下山を開始して、1時間半ほどで鶴巻温泉駅近くの弘法の湯に到着。
温泉も軽くうたた寝してしまうくらいゆっくり浸かれて満足した。
ワイフにも今日のコースは好評だった模様。
今日は天気が良かったしコースも楽だったから、人が多かった。
高尾山以外でこんなに人に会ったのは初めてじゃないかと思う。
まあ久々の山登りはこんなもんかなという感じだった。

それから町田に寄ったり、地元で食事をして帰宅。
三連休最終日、充実した一日だった。

6/22 sat. 久しぶりの山登り

課のイベントで約7か月ぶりの山登りをしに高尾山へ。
今回は上司にお願いしてうちのワイフを参加させてもらっていて、うちのほかにもう1組奥さん連れ。
昨日の夜遅くにラーメンを食べたせいで、高尾山口駅に着いてから腹具合が悪くなり、登り始めてからまた腹具合が悪くなり1人だけ一旦下山。
課内でも「山好き」として認知されているので、復活してから猛スピードで追い上げ、鳥居の手前で追いついた。
昨日まで雨だったんで今回は1号路のアスファルト道だったけど、記憶よりもだいぶ短かった感じだ。
あいにく富士山は見られなかったけど、山頂からの景色を見るとやっぱり山登りはいいなと実感。
また涼しくなったら山登り行こうかな。
下山中に雨と雷が始まったんで、初めてリフトを使って下山。
やっぱり早い。

それから温泉に入って、去年も課のイベントで行ったバーベキュー場へ。
全員参加なんていまどき珍しいと思うけど、楽しいイベントだった。
子供の頃、父親に土日に会社のイベントに連れて行かれてたけど、今回ワイフを連れて行ってこんな感じだったのかなあと追体験したような感じだった。
若干飲みすぎて帰宅。

楽しい1日だった。

11/25 sun. 塔ノ岳~丹沢山~鍋割山

前の日の晩からワイフに「明日は山に行く」と宣言しての山登り。
丹沢・大山やまなみスタンプラリー」で、全部登ればもらえる手ぬぐいがどうしても欲しかったので、雪が降る前に塔ノ岳、丹沢山、鍋割山を攻めて来た。

塔ノ岳は過去最も辛かった山だ。
1年半前に登った時には、塔ノ岳までの登りで体力の限界を感じて、予定してた丹沢山に行くのを止めた。
丹沢山はスタンプコースに入っているため、多少体力的にきつくても今日1日で塔ノ岳、丹沢山、鍋割山のスタンプをゲットしておきたかった。

早朝に地元の駅を出て、渋沢の駅で下車。
そこからバスに乗って7時前に大倉のバスターミナルに到着。
早速スタンプラリーの台紙を購入、300円。
さっそく大倉でスタンプ押印。
登山届も出し、今日の山登りは相当きつくなるのでいつも以上に気合いを入れてスタート。

この時期の服装がイマイチ想像できず、とりあえずゴアテックスのウインドブレーカーに、ユニクロのフリース、ナイキの冬用アンダーシャツで登り始めたところ、すぐに暑くなったのでウインドブレーカーは脱いだ。
今日は単独行で自分のペースで登れるので、ほぼ休憩なしでガンガン進む。
相変わらず塔ノ岳の階段の連続は登山者の心をへし折ってくるほどハード。
花立小屋の手前あたりで富士山が見えてテンションが上がったものの、右足の付け根に痛みが出てきた。
耐えられる程度だったので、ストレッチしたりしながら塔ノ岳山頂に9:45頃到着。
前回の3時間よりもあんまり時間を縮められなかったのでちょっと残念だった。

さて、今回は丹沢山まで行かなければならないので、塔ノ岳山頂での休憩もほとんどなくそのまま丹沢山方面へ。
尊仏山荘のすぐ後ろにオスのシカがいて、丹沢名物のシカと初遭遇。
また少しテンションが上がってがんばろうという気が起こってくる。
モノの本では尾根伝いということで少し甘く見ていたところもあったんだけど、実際はアップダウンがけっこうきつくて、右足付け根の痛みも徐々に気になりだした。
登りの場面では右足付け根が痛いので、さすがにペースも落ちて、何度か休み休みしながらモノの本のとおり1時間ほどで10:45丹沢山到着。
丹沢山への移動中くらいから徐々に天気が悪くなってきていたけど、景色はすごく良かった。
こういう景色が好きで僕は山に来るんだ。

丹沢山で食事休憩のつもりが、急きょ救助ヘリが着くことになって食事もそこそこになってしまった。
しかし、運ばれた人や救助ヘリの隊員さんには申し訳ないけど、貴重なモノを見られた。
ヘリの風があんなに強いとは…念のため持っていたユニクロのウルトラライトダウンだけじゃ耐えられないほど寒かった。
丹沢山の山荘でスタンプを押し、30分ほど休憩して塔ノ岳に戻る。
右足付け根のダメージを考えると、ペースダウンは必至で急がなきゃいけない。

案の定、大幅にペースダウン。
痛みと体力の消耗で登り下りがきつい。
ただ、地図どおり1時間ほどで12:15には塔ノ岳に到着できた。
体力的にしんどいので尊仏山荘でのスタンプ押印も含めて休憩。
ヒザが笑ってて座って休んでても今度は立ち上がるのがきつい。
雲がかかってて風も強いし、休憩してもあんまり安まらないので15分ほどで鍋割山に出発。

丹沢山から塔ノ岳で何度も「今日はやめるか?」と思ったけど、鍋割山くらいであれば気合いで乗り越えなければと疲れたカラダにムチを入れる。
やや下りの多い道がら、右足付け根に続いて左ヒザに痛みが発生。
両足に痛みが出たので最終的に下山できるかどうか不安になるものの、なんとかがんばって13:30鍋割山到着。
完全に足がやばくって、立ってるだけでガクガクふるえている。
しかし登山ブームはすごくて、1年半前には同じくらいの時間帯でまばらだったのに、けっこうな人がいたなあ。
鍋焼きうどん待ちが一体何人いたことやら?
前回と同じく疲れもあって鍋焼きうどん食うほど食欲がなく、今回も食べずに他のお客さんの波をかき分けてスタンプをゲット。
もう良い時間だし、大倉に至るまでに暗くなるのが嫌でさっさと下山開始。
下りてすぐのところで2頭のシカが逃げて行った。
上高地といい、今年はよく動物に会うなあ。

鍋割山の嫌いなところは下山してからのだらだら長い道だ。
最初は景色の変化もあるんだけど、途中からはただもう歩くだけ。
ややうんざりしつつ16:30大倉に無事に到着した。

いつもならとりあえずコーラを飲むところなんだけど、疲れちゃったし寒いのでそこまでカラカラというわけでもなく。
でもバスがすごい行列だったので、コーラを飲んで時間調整。
大倉からのバスも渋沢からの電車も座ることができず、休めないまま地元到着。
歩いて帰る気力はさすがになく、バスで帰宅した。

やっぱり辛い丹沢。
僕は山登りじゃ滅多に筋肉痛は出ないんだけど、今回は筋肉痛じゃなく痛みが出た。
トレーニング不足なのだろうか。
まあしかし、やっぱり近場で良い山ということには変わりがない。
スタンプラリーもあとは伊勢原駅と大山だけだし、疲労や痛み以上の充実感がある。
ああ、しかし今日は疲れたなあ。