寝不足

口は災いの元

2010年08月の記事

8/31 tue. ザ・ネガティヴシンカー

好きな子から「あんたの話は良くないことばっかりで元気がなくなる」とのご意見をいただく。
マジメに受け止める半面、そんな風に言われても簡単に変えることはできないという考えも働く。
ウソくさい楽観的な発言はしたくない。
慎重になった結果、明るい話題ができないんじゃあないだろうか。
そんなこと今まで考えたこともなかったけど。

1か月後、こんなこと言われたことはきれいさっぱり忘れているという点では、僕も楽天的である。
スポンサーサイト

8/30 sat. 帰京

九州から戻ってきた。
が、帰ってくるまでに飛行機のトラブルとかいろいろあって、佐賀の空港で4時間超も待たされた…。
一昨年も新幹線の中に8時間カンヅメになったことがあったけど、どうも今日はついてなかったなあ。
4時間はもったいない。
かといって福岡空港まで行ってもそんなに変わらなかったんじゃないかなあ?
旅行の最後が一番疲れたかも。

8/29 sun. 佐賀大分旅行日記(2日目)

旅行2日目。

前日夜10時に眠り、今日は午前2時半起床。
3時にホテルに迎えに来てもらって買い出しをして大分県の湯布院に向かう。
明け方から雨が降り始めてなかなか止まずに困っていたんだけど、少し仮眠をとっている間に止んだ。

登るのは由布岳。
湯布院に来るのは2度目なんだけど前回は何も見ずに宿で寝ていただけ。
ほぼ初めて風景を見たんだけど、湯布院の山は木じゃなくて草が生えているから山の色が緑じゃなくて黄緑になっていてすごくきれいだ。

7時頃、車を止めて準備をして7時20分登山開始。
友人の選んだ中級者向けのコースで最初から森の中を登っていく。

中級者コース入口

さっきまで雨が降っていたせいか風が吹くと木の水滴が落ちてきてけっこう濡れる。
暑かったんでそれほど気にせずに登っていたんだけど、山に雲がひっかかってしまっているらしく、山頂に向かうほど風は強く天気が悪くなってくる。
だんだん山も険しくなって岩場をチェーンで登るようなところが出てきた頃には霧雨の嵐の中にいるようで、何度か風待ちをしたり、急に風が強くなってそのまま落ちそうになったり…。

チェーン

さらにメガネっ子の僕はレンズが真っ白になって視界がせまくてすごく困った。
なんとか一方の頂上である東峰についたんだけど、周りは真っ白、ずっと霧雨が横殴りで吹き付けてるような状態で服はビショビショ…。

山頂とその先

少し休憩してからまた足場の悪いところを西峰に向かったんだけど、あまりの天候の悪さに一番危険な場所で登頂を断念して引き返すことにした。
下山は登りと違う初級者コースからだったので楽チンだった。

それから湯布院の温泉につかって佐賀に戻った。
山に登って下って、ずっと由布岳の全容が見えないか気にしていたんだけど、結局ずっと雲がかかっていて見ることはできなかった。

由布岳見えず

山登りの疲れも特になく、夜は昔の同僚に囲んでもらって飲み会。
僕以外は翌日仕事だから軽めに解散。
ちょっと飲みすぎた気もするけどぐっすりと眠る。

8/28 sat. 佐賀大分旅行日記(1日目)

今年の夏は仲が良かった同期が結婚してしまって1人旅になったんで、1年半ぶりに佐賀に行くことにした。

1年半ぶりの羽田空港。
今回は楽天トラベルでパック旅行を押さえたんだけど、メールで送られてきたQRコードがプリントアウトするとでかすぎて、いちいち認証の時に引っかかって不快だった。
やっぱり佐賀便は搭乗機までバス移動だ、これも久しぶり。

ぐっすり眠ってまた機内でのドリンクを飲むことなく到着。
普段、日中は外に出ることもないせいか、空港の外がやたら暑く感じる。
知り合いに迎えに来てもらって、のんびりとした佐賀の風景を見つつドライブ。
初めて行く小城の山の中にある滝、何度も行っている干潟なんかを回ってもらった。
うまく言えないけれども、自分では田舎だと思わない田舎な雰囲気が心地良い。

夜、元同僚というか友人に夕飯に連れて行ってもらって、明日の予定の確認。
明日は山登り…起床予定時刻は午前2時半である。

8/22 sun. イマイチ

なぜか7時すぎに目が覚めた。
そのまま特に寝ないままに1日を過ごしたんだけど1日中眠かったな…。
何をやっても手につかない感じ。

さて、明日は朝イチから上司に怒られなきゃいけないな…。

8/21 sat. なにこの疲労感

今週は月曜は上司がごっそりいなかったから完全に気を抜いていたんだけど、翌日から一気に雰囲気が変わってしまって、直属の上司がまだ休んでるからもっと上の上司の世話までしなきゃならず精神的にぐったり。
さらに仕事も一気に加速してくるし…盆休み明けたからっていきなりそんなにがんばらないでほしい。

火曜、水曜、木曜と業務量とストレスが重なって金曜の晩にはもうぐったりして何もできなかった。
マッサージにでも寄って帰ろうかと思ってすぐ近くまで行ったものの、なんかポツポツ雨が降ってきてそのまま地下鉄に乗って帰ってきてしまった。
結局地元でラーメンにギョウザをつけてちょっとぜいたくしただけ。
金曜にこんなに気分が沈んでたのは久しぶりだ。
こういう時に「彼女がいればねえ」って思うんだよな…。

そして今日、土曜。
朝イチのメールで目が覚めたけど寝てしまい、ふと目が覚めて返信してまた眠り、布団から出たのは昼過ぎ。
夜、ずっと態度がはっきりしなかった女友達の後ろに男(元彼)がいることがわかった。
久しぶりに連絡をとってまただらだらした関係になっているらしい。
つい数か月前まで僕も同じようなことをしていて結局きっぱり別れることにしたけど、話を聞いていると女友達の場合は元サヤの可能性がありそうかな。
さて、また違うところを目指さないといけないなあ…。

8/15 sun. 猛暑

今日は久しぶりに暑かった。
前の日の晩は早く寝たのに2時間ごとに暑さとのどのかわきで目が覚めて、早朝に起きたもののまた寝てしまって起きたら昼。
なんとも悪い1日の始まりだった。

少し暑さがおさまったら出かけようと思ったものの全然そんな気配はなく、結局4時ごろになってから家を出た。
富士山に登ってからというもの妙にアクティヴな感じというかアウトドアな感じを求めてしまっていて、そんなイメージで買い物に行った先は久しぶりの錦糸町。
最初にエディー・バウアーを見ていたらいい感じのマウンテンパーカー(?)があってすごくひかれたんだけど、色の種類がなくて「買うとしたら」という紺も今年の正月に買ったブルゾンと色がかぶるから結局やめてきた。
それからキレイになってしまった昔の「ロッテ会館」に寄って、そのあとはマルイのGAPで買い物。

GAPのシャツとパンツ

一部セール品があったようだけど買ったものはセール対象外だった。
「GAPだからたいしてかからんだろう」とタカをくくったものの買い物的には失敗か。
日も暮れかけたところで錦糸町を出てプールに寄って帰宅。

親の世代には「場末の」という枕詞がつく錦糸町だけど、どんどんいろんなものができてる。
西武とかそごうがつぶれちゃってしばらく経つけども、また持ち直してるのはスカイツリー効果もあるんだろうか?
スカイツリーはどうしてもあのへんのごちゃごちゃした感じのイメージがあって「どうせたいしたもんじゃないでしょ」と思いがちだけど、東西線からも目立って高い建物として見えるようになったし、やっぱり近づくとすごいんだろうな。
まあ見に行くのはできてからでいいけど。
そしてたぶんできてもすぐ行かないと思うけど。
でもデートのいい口実にはなりそうな…。

8/14 sat. 夏休み感

今週は12日に休みをもらって、何をしようかと思っているうちに本を読んでいたら1日終わってしまった。
読み終えたのは童門冬二「小説 上杉鷹山」。
リーダー論とくっついて話される上杉鷹山の小説で、昔はオッサンが読む本だと思っていた。
リーダーが改革を起こそうと思ってもなかなかそれをやる人たちがついてこないものだというのがよく伝わる。
しかし僕は仕事で何かのリーダーになることはなさそうなので、あんまり役立てる機会はなさそうだなあなんてことも思う。

13日から職場も上司がごそっと休み出したんで、ふぬけたムードで仕事。
この雰囲気で仕事ができるのも週明け月曜までかな。
昨日はそんなわけで飲みに行ってうまいエビを食った。
水曜も昔の同僚と飲みに行ったんだけど、こんなことできるのは夏休みムード様様だ。

今日は2か月ぶりに髪を切ってきた。
思ったようには切ってもらえず…まあ安いから仕方ないか。

今年の夏休み旅行はまた山登りに決まった。
富士山登山で最低限必要なものは持っているんだけど、明日はさらなる拡充をはかりに買い物に行ってこようかな。

8/8 sun. ぐだぐだ

昨日買ってきたJazztronikのアルバム。

Bon Voyage

ピアノ主体で、聞いてる感じがすごくいい。

司馬遼太郎「覇王の家(上・下)」を読んだ。
徳川家康の話。
前に読んだ大坂冬の陣・夏の陣を題材にした小説だと権謀術数を操る陰険な人のイメージだったんだけど、こっちではもう少し凡庸っぽいような書き方をされている。
なんとなく違和感を感じた。

違和感と言えば今週末はケツの調子が悪かったな…。
原因は木曜に食った背脂とニンニクたっぷりのラーメンと金曜に食った焼き肉だろう。
やっぱりニンニクも食べすぎはダメだ。

今日は仕事へ。
終わってからプールへ。
だんだん体力が落ちている気がして仕方がない。
昔のように平泳ぎを泳ぐと50mで全身がだるい。

富士山登山から一週間、日焼けしていた両手の甲の脱皮がひどいことになっている。
日焼けの皮向けは自分からむいてはいけないのが鉄則。
しかしムズムズかゆいな…あと2、3日ってところだろうか?

そんな雑多な日曜日。
明日から職場はお盆ムードで少しはゆったりするんだろうか?

8/7 sat. 花火

実はそんなに花火が好きなわけではないんだけど、下心の関係で花火見物をセットしてしまった。
行ったのは「いたばし花火大会」。
今日は地元に近い江戸川や市川もあったのにわざわざ行ってきたのは、女性の関係。

女性の方は正直全く実りなく終わってしまったんだけれども、浴衣姿は良かったし久しぶりの花火大会はなかなか良いものだった。
やっぱり見るのもいいけど音と衝撃を体感できるのがいい。

いたばし花火大会1

いたばし花火大会2

ストレスを感じるほど混んでいないし花火の本数(?)も多くないようだけど不満は感じないし、案外穴場なのかなと思った。

しかし30歳を目前にして初めて知ったんだけど、今日の「いたばし花火大会」は板橋区側の名称であって、川向うの戸田市では「戸田橋花火大会」。
これは僕の地元方面の「江戸川」と「市川」も同じカラクリだとか。
なんか「そういう風に都合よくできてるんだ」みたいなガッカリ感みたいなのがある。
大人になるって知らなくていいことを知ることなんだな、とか少年ぽいこと言ってみたり…。

8/1 sun. 富士山から一夜明けて

8月1発目。

富士山に登った疲れからぐっすり眠る。
土曜日の夜からバスの中と山小屋で少し寝たくらいだからすごく眠い。
思ったよりも全然筋肉痛はないかわりに日焼けの痛みが強い。
昨日寝る前に少しオロナインを塗って寝たんで多少軽減されている気はするけど、一番ひどい手の甲はちょっとはれているようにも見えるんで今日は湿布を貼って過ごした。
全然はれはひいてないけども少し楽になった気がする。

昼過ぎから職場へ。
富士山に登るため金曜は残業せずに出てきてしまったけど、けっこう面倒な仕事がたまっていた。
中には金曜の終電間際の時間に週明けの月曜締切の仕事も…。
前から短期間の依頼はあったけど、今年の4月からはその量がかなり増えた気がする。
同じポスト2年目で業務全体の余裕はあるけど、短期間締切の作業は疲れる。
さてこの仕事、月曜までに終わるんだろうか…?