寝不足

口は災いの元

2010年10月の記事

10/30 sat. 山準備

来週末、秩父に行くことに正式決めたので葛西のゼビオに買い物へ。
いつもは南砂町のスポーツデポに行っているんだけどゼビオの方が圧倒的にでかくて品ぞろえも豊富。
欲しかったスポーツ用のタイツもいろいろ種類があって、値段もいろいろ見てナイキの6,000円くらいのものを選んだ。
あんまり高いのじゃなくて良かったしナイキならカッコ良いかなと。
あとは前々から手頃なのを探していた山で使うための手袋も2,000円くらいで買えた。
ついでにプール用のアリーナのゴーグルまで買ってしまった。
さらにジャージまで買ってしまいそうなくらいだったんだけど、そこはぐっとガマン。
買い物して準備も整えて、これで山がさらに楽しみになったきた。
来週は晴れてくれるといいけど。

深夜、見慣れない番号から電話がかかってきて何かと思えば佐賀で昔飲みに行ってたお店をやってた女の子から。
別に仲良くはないけど知っている程度、どうも僕と仲の良い2人と3人で飲んでて電話してきたらしい。
とりあえず電話かけさせた1人には説教、もう1人は佐賀弁がきつすぎて何を言われたかわからないかった。
その女の子、3月に上京するから僕を誘うと。
なんかまた不埒なことを考えてしまうけど、そうなると説教した1人と「兄弟」になってしまうんだよなあ…。
半年も先の話だしあんまり変なこと考えるのは止すことにしよう…。
スポンサーサイト

10/29 fri. 合コンとツイッター

同期のお返し合コンの「タマ」として参加。
久々の合コンは相手もノリが良かったんで盛り上がって楽しかった。
二次会も盛り上がってたんだけど、このまま終電がなくなって僕だけタクシーで帰るハメになりそうな流れだったんでスパッと撤収。
やっぱり全員の終電がなくなったくらいのタイミングで解散したらしい、30歳を目前に控える男はそんなミスを犯さない。

今回は参加から帰宅まで、トイレとか移動中とかを利用してツイッターでつぶやいてて、ものすごくおもしろいことになるんじゃないかと思っていたんだけど、何か反応があるわけでもないし別におもしろくはなかった。
でも飲んだら誰かにメールしたくなってしまうし、ツイッターなら誰にも迷惑をかけないというのはいいことなのかもしれない。
メール打ってれば電車の中でも眠くならないし。
ただ、やっぱり自己満足の世界を出ていない。
ツイッターの活用の仕方が悪いだけだと思うけども。

こないだ女友達に「最近めんどくさくて赤外線で交換しても保存してない」と言われて妙に納得してしまって、今回は連絡先を教えるばっかりで聞いてこなかった。
また飲みに行くほど仲良くなるなんてごくまれだし、そうなる時って自然と仲良くなるきっかけがあるもんだ。
そんなもんだからせっかく2人からはすぐにメールをくれて雑談的に話ははずんだものの、やっぱり登録しないまま。
でも、こんなことしてるから彼女できないんだな、とも思う。

10/26 tue. ヒアルロン酸

洗顔フォームの話。

もう何年もナチュルゴの「男の泥洗顔」をずっと愛用していたんだけども、今回なくなったのを機会にギャッツビーのヒアルロン酸入りの洗顔フォームに変えてみた。
最初はフォーム自体が固くて泡立ちも悪いんで、洗顔後の肌触りがちょっと違うだけだと思ってた。
ところが使用後数日の今朝、普段はシワがけっこう入る僕の左目のまぶたがキレイな二重になっていた。
すごいなヒアルロン酸。
まさかそこまで肌にハリを取り戻させるのか?

と思ったのもその時だけ、夜になって改めて見ると元に戻っていた。
単純に寝起きで腫れぼったかったせいかもしれない。
でも仮にヒアルロン酸が効くというのであれば、これから多少肌つやが変わってくる可能性もある。

そしてここまで分析して思う、どうでもいい話だと…。

10/23 sat. マウンテンパーカー

友達と約束をして買い物。

待ち合わせは表参道だったんだけど、先に新宿に寄ってブラブラ。
久しぶりに昼間の新宿を歩いたらまたいろいろと店が変わっていた。

それから山手線で原宿に移動。
友達が遅れたので駅前のOSHMAN'Sと石井スポーツを見てた。
原宿も滅多に来ないからこんなお店があるなんて知らなかったけど石井スポーツなんて山関係の専門店だ、原宿で人が入るんだろうか?
適当に見てたら外国人が自由に試着したんだけど、彼らはアウトドア系の服がよく似合う。
僕も外国人みたいなごついカラダに生まれたかったな。

友達が着くのに合わせて表参道ヒルズのノースフェイスのお店に行った。
ずっとアウトドア用のジャケット見てたらネットでたまたまここのことを知って、ほんちゃんのアウトドア用よりもタウンユース寄りのものを売っているらしい。
やや細身にしてあって、たしかに僕が着ても普通のものに比べて胴体部分の余りが少ないような気がする。
もう行った時点で8割方買う気でいたんだけど、試着してみてやっぱり欲しくなって4万円近くしたけど購入してしまった。

ノースフェイスのマンテンパーカー(表)

ノースフェイスのマンテンパーカー(裏)

しっかりゴアテックス仕様だから雨でも余裕だ。
人気でサイズはこれがラストとのこと。
1万円台のもので抑えようと思っていたけどやっぱり欲しくなったら多少高くても買ってしまうな。
でも良いモノは買えたと思う。
ちなみにこっちでもタトゥー入りの外国人がフリーな感じで試着しまくってたけどよく似合ってた。
そんな話を店員さんにするとフランスとかロシアからも来たりするとか。
一応、日本人向けのデザインらしいんだけど。
でも日本で買わなくても彼らの本国の方がよっぽど良いモノありそうだけどな。

それから銀座で友達に高級肉をごちそうになり、前から僕が気になっていたバーに行った。
なんか雰囲気が予想と違ってあんまり良くなかった、部屋が寒かったし。
やっぱりバーテンダーさんと呼吸が合わないとおもしろくないのかな。
来週の飲み会の2次会で来ようかと思ってたんだけど、ぶっつけで来なくて良かった。

しかし一人暮らししようとしているのにスーツ買ったりなんだかんだ金使いすぎだなあ。

10/22 fri. 一人暮らしを考える(その2)

今週は月曜に続いて昨日も飲みに行って、前の職場で後輩と見つけた穴場的なお店へ。
飲んでしばらくすると、たまたまその後輩が何人かで入ってきた。
彼は異動して以来だったらしいけど僕が「いるんじゃねえかと思った」と。
店が僕らを呼ぶのかな?不思議なもんだ。

さて一人暮らしの話。
職場との距離を考えると今住んでいる浦安は便利で、生活圏が変わらないというのも大事な気がする。
「引っ越す意味ねえじゃねえか」とも言われてしまうけども、住みたい場所があるというよりは「さすがに30過ぎて実家暮らしはできないだろう」というのが理由なんで別にどこだったいいのだ。
千葉だから都内に比べて家賃も安いし、悪くはないんじゃないかなあ。
とりあえず浦安に住むということで年内をめどに部屋探しとか進めて行こうかな。
部屋探しするのも初めてだし。
良い部屋がみつかるといいけど。

10/20 wed. 一人暮らしを考える

そろそろ僕も30歳になるので実家暮らしもよろしくないなあと思う今日この頃。
今までも同じようなことを言い続けて数年経っているけれども、30歳はいい節目だ。

実はちゃんと部屋を借りたりするのは初めてなので、まずはどこに住むのかという目星をつけようと思って、職場を中心にして浦安駅くらいまでの範囲で地図に円を書いてみた。
改めてそうした地図を見てみると、浦安がすごく通勤に便利だということがよくわかる。
都内になると家賃高いみたいだし、やっぱり浦安の中で引っ越すのかな~。

最近、長年実家暮らしだった友達が一人暮らしを始めるようなことを言っていたし、少しずつだけど僕も準備していきたいところだ。
今はいろいろ楽しいし、一人暮らしをして自由度が広がるともっと楽しくなりそうな期待を勝手にしている。

10/19 tue. 暇だったんで

ここ最近、仕事の谷間に入っていて手が空いている。
思い切って休みたいが、うちの職場の雰囲気からいって人間関係上そう簡単には行かない。
ここを割り切ってしまえば今は楽だけども、今まで作った信頼感を失いそうな気がする。

暇なこともあって昨日は急きょ飲みに行って、後輩相手にまた余計なことをいろいろしゃべる。
先輩でこんな人いなかった。
というよりも僕は先輩と飲みに行くのが嫌で仕方なかったけど、後輩たちはよく来てくれるなと思う。
反省と変なサワーのせいで寝覚めが悪い。
やっぱりアルコールは嫌いだ。

ツイッターを始めてすぐにあきたなんて言いつつなんだかんだ毎日つぶやいている。
ブログよりもさらに短い文章でいいし、思いついたことを携帯からメールを1本送ればいいだけで楽なのも大きい。
しかし案外見られているのが気持ち悪い。
後輩は職場で確認してニヤニヤしているし、普段合わない友達はツイッターの話ありきでメールをくれる。
まあこれも楽しまないとね。

10/17 sun. 麻布テーラー9着目と10着目くらい?

久しぶりに腹の具合が悪く、連動してケツの状態も最悪に…。
腹とケツの状態が落ち着いてきたところで先月アタマのお願いしていたスーツを受け取りに行ってきた。

多少光の加減によってストライプが目立つけど「まあこんなもんかな」と。
さっそく明日から着て行きたいところだけど、秋冬物はまだ早い気もするから11月まで温存。

一方、一緒に作ったシャツは最後まで悩んで変えたブルーのボタンがやっぱり失敗したような気がしなくもなく。
かといってアイボリーのボタンだと浮いてしまうような気がしなくもなく。
もっとキレイな白にしておくだけで良かったな。

久しぶりに淡路町からふらふら歩いて大手町、東京駅方面に出た。
八重洲口のリーガルのアウトレットで久しぶりにビジネスシューズ購入。
GEOXとかいう通気性が良い高機能系の靴。
久々にゴム底の靴を買った。
ついでに前に買った靴のひもの替えを買う。
やっぱりある程度いい靴はカカトやヒモを変えればそれなりに長く履ける。

気がつけばスーツが麻布テーラーだけになってるみたいに、仕事用の靴は全部リーガルになっている。
シャツも今着ているものは全部作ったものだし、なんかそれなりのものを着られてる感じがして満足。
この満足感で気持ち良く月曜を迎えようかな。

10/16 sat. 変な汗

昨日寝てすぐに蚊の羽音で目が覚めると左手人差し指の爪の上あたりを刺されていた。
「季節外れの蚊はタチが悪い」というのは僕の経験則だが、しばらく左手が手首のあたりまでかゆいような感覚に。
すぐにアースノマッドっぽい何かをつけ、またうとうとしているとフッと羽音が消える感覚があった。
「もう出てくんな」と思って就寝。

起きると昼すぎの3時、さっき目が覚めた時には11時だったのに…。
鼻が詰まってアタマも痛く「寝すぎか」と思っていたけれども妙な熱さがあって、風邪をひいたと結論づける。
どうも仕事が暇になると気が抜けて体調を崩す傾向があるな。
明日はスーツを回収に行きつつ神保町で買い物をしたかったんだけども治るだろうか。

木曜の夜からノリで始めたツイッター。
携帯からは指定されたメールアドレスに送るだけでもつぶやくことができる。
すぐに飽きたと言ったものの、何かあるとなんとなくメールを打ってしまう。
このブログもそうだけど、ツイッターも気にせず何かを言える「王様の耳はロバの耳」の穴のようなものだ。
そうなると知り合いに教えちゃったのは失敗だったな?

10/14 thu. ノリで

思いついてツイッターに登録した。
やはり暇だとロクなことを思いつかない。

作成自体はいたって簡単。
登録画面から、表示用の名前、アカウント(なかなか通らない)、パスワード、メールアドレスを入力するだけだ。

やけに友だち探しを進めてくるのがうざったかったが、とにもかくにもまずは「いまなにしてる?」に適当に書いた。
「作るぞ」と宣言していた後輩に連絡した。
すでにやっている友達にも連絡をした。
適当なことをいくつかつぶやいた。

そして気がついた…そんなにおもしろくないと。
メール程度の文章量なのに、メールと違って全くなんの反応がないところに違和感を感じるせいかもしれない。
なんかログインのたびに何度かエラーが出るし、不便さやおもしろくなさが買ってすぐに放置してしまいそう。
でもせっかく登録したし「どこどこなう」をやってみるまではちょっと遊んでみるか。

10/11 mon. 髪型

昨日髪を切りに行ったんだけどあんまり変化がなくおもしろくない。
指示の出し方が悪いのかもしれないけど、そこは髪を切る側も満足させる力量が必要なんじゃないだろうか。

なんてことを考えていたら、数年前まで「どうせハゲるから30になったらボウズにすんだ」と言ってたことを思い出した。
当時はその時までには結婚してるだろうからどんな髪型でも大丈夫だという予想をしていたんだけど、残念ながらまだ結婚の「け」の字もないような状態だ。
一方、頭髪の方は着々と先祖伝来の遺伝子が目を覚ましている。

そうなると、30歳になるまであと数か月あるけれども、次に髪を切るタイミングでボウズとは言わないまでも思い切った短髪にしてしまおうか、という発想につながる。
社会人である以上、急にボウズにしたりすると何かのペナルティのように見えてしまうだろう。
しかしいざ短髪にするとなった場合、それこそ切る側の力量や僕のアタマの形や髪質の知識が必要ではないのか?
ちょっとオサレ美容院みたいなのを探して、次回はそこに行って、その次に短髪というのが計画的だろうか?

短髪にすると言っても、いろいろと準備が必要だな。
せっかく切ってもただのスポーツ刈りみたいになったらカッコ悪すぎる…。

10/9 sat. 雨

雨の日は何もしたくなくなる。

マウンテンパーカーが欲しくて、最近はアウトドアブランドのサイトばかりを見ている。
前にエディーバウアーで見せてもらったのが2万円しないものだったんで、そのくらいの値段で見てはいるものの、けっこうどれも良い値段がする。
普段使いも考えるとデザインも良いのが欲しいし、なかなかどれというのが選べない。
来週末はスーツを受け取りに行くんで、ついでに小川町から神保町あたりのお店をのぞいてみようかなと思ったり思わなかったり。

夜、Youtubeのファイルを携帯の着信音にできないか悪戦苦闘。
いろいろやってみたものの、結局設定ができなかった…そして残る疲労感と数千円分のパケット代。
やっぱり妙なことはやっちゃあいけないんだな、という教訓を得る。

10/7 thu. 平日休み

なんとなく仕事的にも休めそうな気がしたので、前日上司に相談して休暇。
しかし本当に思いついて休んだためにやることがなく、結局家にこもって本を読んで1日が終わる。

読んでいたのは奥田英朗「最悪」。
「インザプール」なんかの伊良部の話は読んでいたけど、これもなかなかおもしろかった。
どんどん押し寄せる良くないことにどんどん息苦しさを感じながら、最後の方で話は一気に進んでいく。
完全なハッピーエンドではないけど、そういうものなのかもしれない。

明日はまた仕事に行って、明後日からは三連休。
11日に女子の2人遊びに誘われたけど、それぞれとの関係を考えるとややこしいのでお断りした。
こないだ作ったスーツはできているけどシャツはまだできていないから、別々に取りに行くのは手間だし。
さて何をしようか…。

10/2 sat. 高尾山

20年ぶりくらいで高尾山に登ってきた。

友達に起こしてもらっておいて二度寝してしまい焦ったものの、11時には高尾山口駅到着。
ウィークデーはぐずぐずした天気だったのに今日はよく晴れた。
高尾駅でごっそりそれっぽい格好の人たちが乗ってきたんだけど、やっぱり人が多い。

集合して今回のルートを改めて確認して、11時半前に高尾山口駅から歩き始める。
今回は6号路という沢沿いの道を登って行くことにしていて、ケーブルカーの駅の脇から少し歩いて森の中に入る。
沢沿いだから期待通りに適度に涼しくて登りやすかった。
途中、ほとんど沢のところを歩くようなところもあったけど、きつくもなく飽きずに登ることができて、1時間ちょっとくらいで頂上に到着した。

6号路

登っている間は比較的登山用の服装の人が多かったんだけど、ケーブルカーやリフトがあるせいか頂上は普段着組の割合が半分くらいになる。
若い女の子たちもチャラチャラしたカッコのまんまだったり不思議な光景だ。
ところで、人間模様じゃなく低いなりに頂上からの景色を楽しみにしていたんだけど、けっこう木が邪魔になってよく見えなかったりする。
それでも比較的景色がよく見えるところで昼飯。
こんな遠足みたいな食事はかなり久しぶりだ。

高尾山山頂から横浜方面

食事をして、休憩しすぎないくらいのところで行動開始。
帰りは1号路、高尾山のメインの参道を通って下りた。

森の中だと全然わからなかったんだけど、高尾山は修業をする山であって修験者とか山伏ゆかりの山らしい。
意匠の凝った薬王院や、天狗や烏天狗の面やら、なかなか見どころが多い。
昔、小学生の時の思い出は「猿がいた」くらいしか残っていないんで、改めて高尾山のすごさを感じる。

左・烏天狗、右・天狗

帰りもケーブルカーやリフトは使わずに下りたんだけど、最後の下り坂が今日一番きつかった。
舗装された道は硬いし飽きがきて疲労感が増す。

いろいろ見ていたし下りてくるのに3時間くらいかかった。
さすがにくたびれたんで駅前で軽くビールを飲んで足湯にも入り、い~い気持ちになる。
なかなか充実した高尾山だった、こんなに楽しめるとは思わなかったな。

それから新宿で改めて飲み直して、2次会のバーで強いウイスキーをロックで2杯。
きついけどうまかったな~、あのウイスキー…。

そんなわけで非常に良い気分で一日が終わる。
ああ楽しかった!

10/1 fri. ストレス

10月1発目。

今週は本当にストレスの溜まる一週間だった。
仕事のことで、理由はだいたいわかっているんだけど解決できていない。
こういう時は本当に仕事が楽しくない。

そんなところで、9月末までに結論を出すことになってた女友達との関係が決着。
色恋の話はあいまいなまま、いろいろ環境を変えるということにしたそうだ。
つまり僕との関係も進展することはなくなった。
気持ちは冷めたと言いつつ少しの期待があったのも正直なところだけど、これでこれからは彼女のことが見られそうだ。
何かに焦るようなこともなくなるだろう。

新書で「10年後の日本」を読み終えた。
今が2010年で本が出版されたのが2005年頃だから、これから5年後の日本だ。
読むのに時間がかかったからあんまり細かい内容も覚えてないけど、警告されてる割には案外何も起きずに暮らせている。
トピックの把握をする目的で読んだから、予測があってるかどうかなんか気にしてないけど。
このお気楽な感じの感想になってしまうのも、問題と言えば問題なんだろうか?

週末はストレスを発散できればいいなあ。