寝不足

口は災いの元

2011年04月の記事

4/24 sun. ネコ論争

久しぶりに行った彼女さんちから朝帰りしてそのまま職場へ直行。
仕事を片付けようと思っていたんだけど眠気もあってあまりはかどらなかった。
なんか腹の具合も悪くなってくるし…。

帰ってきてから市議会議員の選挙で近所の小学校に行く。
それなりの距離だったんで運動の機会と思って走って行ってきた。
ごく短い距離だけど普段運動できてないし、寒すぎるほどじゃないから心地良かった。

夜になってから彼女さんが来た。
食事をしてる時に、彼女さんが飼っているネコの話に。
昨日彼女さんちに行ったのは僕が彼女さんのネコに噛まれて以来1か月ぶりくらいで、ネコのことを考えて意図的に行ってなかった。
行かない間にいろいろ相談して「ネコがいると僕はちょっかいを出したくなるけど、極力無視する」ということにしていた。
それで昨日は彼女さんもネコを近づけないようにしてたし、僕も来たら追い払うようにしていた。
その結果ネコが必要以上におびえてしまって、これがまた彼女さんの心配の種に…。
ネコ嫌いの僕としては接点が生まれなくなっていじめることもなくなるからいいと思うんだけど、彼女さんはネコと僕が共生することを望んでいるらしい。
「ネコ嫌いな人に初めて会った」と彼女さんは言う。
しかし僕はネコ嫌いのイヌ派の家族の中で育ってきているので、別にそれが普通だと思っている。(僕はイヌも苦手だけど)
とりあえず、僕の中では彼女さんちのネコとの付き合い方にひとつの解決を見たと思っている。
スポンサーサイト

4/17 sun. 河口湖旅行日記(後編)

河口湖旅行2日目。

「朝風呂入ってくるから」と言って出て行った彼女さんから「どこにいんの?」という電話で目が覚める。
たしかに「あとで屋上の足湯集合で」と言ったような気がしなくもない。
かなり不機嫌になられてしまったが、朝イチの富士山に話題をそらして場をしのいだ。

朝イチの富士山

僕は朝飯は食べられない方だけど、宿の朝飯は多くても食べられてしまうのはなぜだろうか?
朝食後、あんまり時間はなかったけど朝風呂へ。
昨日は貸切風呂だったんで今日は大浴場に入った。
ほぼ貸切で満喫、極楽である。

チェックアウトをしてから、河口湖のすぐ近くにあるカチカチ山こと天上山のロープウェーへ。
高所恐怖症を彼女さんにひやかされながら上がって行って、展望台からさらに頂上まで。
天気が良かったんで富士山もきれいに見えた。

天上山から富士山

天上山から河口湖

中央道や富士急ハイランドもすぐ近くのように見えるし、なんとなく音も聞こえるような…。
ちょっと日差しが強すぎて暑いし日焼けしそうなんでほどほどで退散。

レトロバスでちょっと異動して、昼飯はほうとうを食べた。

ほうとう

彼女さんの希望で「小作」というお店。
まあとにかく量が多くて、ほうとう自体がかみ応えがあるものだから腹がいっぱいに。
昨日の晩からずっと食べすぎているような気がする。
ただ、具だくさんで食べたという感じを得るにはあのくらいの量が必要な気がしなくもない。
うまかった。

食事をしてからまたちょっと歩いて赤富士ワインセラーというところに寄る。
ワイン好きの彼女さんは大喜びで試飲していたけれども、結局つまみのレーズンしか買わなかった。
僕は普段ほとんどアルコールを飲まないし、「一緒に飲めないならいらない」と彼女さん。

またレトロバスに乗って河口湖駅に戻って、帰りも高速バスで新宿へ。
寝ていたからあまり気にならなかったけど、中央道が渋滞で行きの1時間半に対して帰りは3時間かかった。
新宿で軽く食事をしてから帰宅。

ちょっと絶叫マシンにやられて首が痛いけれども楽しい旅だった。
彼女さんは不機嫌になったりもしたけど仲良く帰ってきたし。
また機会があればどこかに旅行に行きたいけど、なかなか休みが合わないんだよなあ…。

4/16 sat. 河口湖旅行日記(前編)

彼女さんと河口湖に泊まりで小旅行に行ってきた。

6時起き、8時に新宿集合。
寝てる間にネコをいじめる夢を見て、久しぶりに金縛りにあった。
ネコの恨みおそるべし…。

ちょっと曇っていて薄ら寒い感じはするけれど、河口湖方面は晴れているらしい。
久しぶりに高速バスに乗って富士急ハイランドに向かった。

富士急ハイランド入口

富士急ハイランドに来るのも学生の時にゼミ合宿で来て以来だから10年ぶり、天気は快晴だ。
「30歳の2人の初旅行が遊園地で良いモノなのか…」とか思っていたりしたけどすぐに忘れた。

入ってすぐ見える絶叫系は「ドドンパ」と「FUJIYAMA」で、FUJIYAMAが強風で中止のためドドンパに並ぶ。
順番が近づいて腹の下の方がぞわぞわしたくらいで地震発生によりドドンパも安全点検で中止。
整理券はもらったんで何か動いているものがないかを探してフラフラ歩き回る。

節電で動いてるものと動いてないものがあったんだけど時間的に「ええじゃないか」が動き始めるところだったんで、どうせ待つならということでもう並んでしまうことにした。

ええじゃないか

ええじゃないかは足をプラプラさせるタイプで、彼女さんは嬉々として僕は表情を固くした。
しばらく待って動いたええじゃないか…まず後ろ向きに登っていく時点で気分が悪い。
考えたら10年前から今日までの間に僕は高所恐怖症になっていて、高いところが怖くなっていたのをある程度の高さになってから思い出した。
そしてちょっと落ちたかと思ったら、後ろ向きだったのが垂直に落下するじゃないか。
安全バーが微妙に緩まるのが僕の恐怖感を高める。
正面方向からのスピードはなんとなく耐えられるんだけど、とにかく足からの垂直方向への落下が怖くって、終わって降りてからしばらく下半身に力が入らず、そしてすごく気持ち悪い。
10年前は1日にFUJIYAMA3回乗ったくらいだったのに…歳はとりたくないものだ。

だらだらするので、乗った順に短評。
・ドドンパ
 とにかく速い。そして正面方向とは言えほぼ垂直に落ちるのも怖い。でもすぐ終わるので印象も薄い。

・レッド・タワー
 定番と言っていい垂直落下系。たぶんフジヤマ以外では一番高いところまで行く。高所恐怖症にはややきつい。でもすぐに終わる。

・ナガシマスカ
 でかい金の招き猫で「たいしたことねえだろう」と思ってると痛い目にあう。とにかく濡れる、ポンチョ着てても足元もビチョビチョになるから注意。甘く見てそのまま乗った若い女の子がビチョビチョになっているのを「これが若さか…」ってシャアみたいに眺めるもの。

・グレート・ザブーン
 10年前のゼミ合宿で、僕以外の男衆がそのまま乗ってビショビショになって寒がっていたところ。10年後の追体験はポンチョ装備だったものの、予期しない後ろからの水しぶきに虚を突かれる。こっちはアタマとか袖が濡れる。

・パニック・ロック
 これも定番もの。地味な反転がけっこう怖い。「まだやるの?」と思う感じになるけど、終わってしまえば「こんなもん?」と思う。そのへんも昔っぽい。

・トンデミーナ
 足プラプラ系。場所によってはええじゃないかと同じ足元への垂直落下的な状態が生じる。僕の中ではええじゃないかと同程度の怖さ。

・ええじゃないか
 彼女さんの要望で2回目。2回目もやっぱり垂直方向が怖い。4列シートで、1回目は外側、2回目は内側だったんだけど、外側の方が怖い。

・鉄骨番長
 足プラプラ系。僕は富士急ハイランドの中では一番これが怖いと思う。古典的な空中ブランコもの(?)と言っていいと思うけど、高すぎるし角度がつきすぎる割には金具がちゃちい。2度と乗りたくない。

鉄骨番長

・観覧車
 30歳だけどスケルトンのやつ乗った。別に足元さえ見なければスケルトンでも怖くない。

・FUJIYAMA
 キンブオブコースター。閉園間際でギリギリ動き出したのであわてて並んで乗った。10年前も3回目は閉園間際だった。同じように左手に富士山、右手に夕日を見ながら落下。やっぱりFUJIYAMAが一番好きだ。

FUJIYAMA

もう閉園時間まで食事もせずに遊び通してから河口湖にある宿に向かった。

湖南荘

夕飯

食いすぎた。
疲れていたし、温泉に入って早めに寝る。

4/10 sun. 散財

金曜の夜から彼女さんが来ていて、2人とも疲れてたのか土曜は目が覚めたら夕方。
テレビでNHKの連続テレビ小説「てっぱん」を見てたらお好み焼きが食いたくなったので、もう暗くなってからのそのそと近所に食べに行ってきた。
しばらく食いたいと思っては忘れるというのを繰り返していたからおいしかった。
ただ、土曜の明け方に僕がひどい下痢に襲われていたこともあって、いろいろ食べてみたかったけど8分目くらいに。
そのまま彼女さんは2連泊。

今朝、彼女さんを送って洗濯なんかをして、つい眠くなって横になってたら、目が覚めたら1時半をすぎていた。
仕事に行こうかと思っていたけどやる気が出なかったんで買い物しに行った。

最初に日本橋で久しぶりにハナビシでシャツをお願いした。
自分で洗濯するようになるとシャツがヘタれてくるのがよくわかって、2年前に買ったシャツが寿命という感じ。
ハナビシで作ったシャツは丈が短いのかボタンの位置が悪いのか、シャツが上がるとベルトの上から下着が見えてしまっていたんで、丈を伸ばしてボタンを増やしてもらって微調整。
これで仕事用だと最高のコストパフォーマンスのシャツになりそうだ。

それからコレド日本橋をひやかして、南砂町のスナモへ。
別に買わなくても良かったんだけどナイキのスポーツ用のインナーシャツと、ユニクロの下着のパンツとサンダルを買ってしまった。
ユニクロのサンダルは、なかなか乾いてくれない風呂場で履くために買った。
990円でゴム製だから最適だし、うってつけ、という感じ。
思っていたより良くできているから、職場か普段履きにもう一足買ってもいいくらいだ。
そのあと、これは前々から必要を感じていた掃除機を買ってきた。
一番安くてコンパクトなもので、16,000円ほど。
新生活セールとしてやっているせいか、コジマにはこの手の生活家電で特売的になってるものが必ずある。
あとは暖かくなってきたらからそろそろ冷蔵庫を買ってこなければ…。

というわけで、週末は案外散財してしまって、2万円以上入っていたのにいろいろ買い物したら千円しか残っていない。
来週は彼女さんと泊まりででかけようと思ってるのに、ちょっと使いすぎてしまったな…。

4/7 thu. 久々の大流血

脱肛と診断されて早3か月…いや、まだ3か月か。
「戻す」ということを知ってから、トイレ後に念入りに手を洗わなければいけなくなったもののケツライフも安定してきていた。

が、ここ最近どうも終了後に紙に血がつくようになっていて、戻せば血が出てくることはなかった。
「なかなか収まらないなあ」なんてのん気に考えていたら、今朝のトイレ後に大出血。
幸いにしてシャワーを浴びる前だったんで、あまり紙で痛めすぎないようにしてシャワーで流す。
キレイにしたもののやっぱり血が止まらないので、だいぶ前の薬の残りを塗っておいた。

治ったというか次善の策で安定していると思っていたけど、一度傷ついてしまうと結局は粘膜なので治りにくいんだろう。
そんなわけで、今後に備えてチューブ用の軟こうを購入。
どうせ指で戻すんだから注入式である必要はない。

やっぱり根本的解決には「オペ」なんだろうか…?

4/3 sun. いろいろあった日曜日

今日は彼女さんと会える日だったんだけど、眠さか疲れかどうも外に出たくなく、結局ちょっとケンカっぽい感じになりながらうちに来てもらった。
「何考えてるかわからないから不安だ」と言われる。
何を考えてるかわからないように努めているとは言えないので、素直に謝って和解。

彼女さんが帰ってからちょっと買い物。

GO OUT

山登りを始めてからちょいちょい見ていた雑誌「GO OUT」を買ってみた。
何やら月刊誌になるとか。
雑誌が廃刊になり続ける中で珍しい。
まだ読んでないけどオマケで「カラビナ」が付いてた。
よく見るけどこれどうやって使ったらいいんだろうか…?

夜になって食事にでも行こうかと思ったら新聞屋の勧誘に泣きつかれた。
正直なところ新聞なんて普段全く読まないんだけど、しつこいのより金を払った方がいいと思ってしまって3か月分を契約。
そしたらこんなにいっぱいくれた。

洗剤とか

洗剤は買ってきたばっかりだったんだが…。
しかしこんなに新聞契約した人間に配るんなら、支援で東北に持って行ってやりゃあいいのに。

日曜の夜って、なんでこんなにやりたいことばっかり浮かんでくるんだろう?
早く寝なきゃいけないのに。

4/2 sat 仕事

4月1発目。

今週は月曜から毎日深夜帰宅。
久しぶりにこんなに遅くまで仕事をしたんですごい疲労感。
そして、趣味の体幹トレーニングと柔軟体操で痛みのある腰痛が、イスの座りすぎで悪化…。
ひどい1週間だった。

4月1日は異動日で、新しい部署へ。
と言っても同じフロアで、大きく言えば同じ職場内だ。
誰にも言ってないけど昔やりたいと思っていた仕事だ、引継ぎを受けていてもモチベーションが上がる。
ただ、実際にやるとイメージとのギャップがあったりするものなんだけど。
初日はとりあえず勉強…と思ったら甘くて、さっそく頼まれごとをするも言葉の意味がわからない。
月曜でいいということだったんで、あわてて今日も出勤して勉強。
なるほど、なんとなく頼まれた内容はわかった気がしなくもない。
一応、月曜にもう一度確認してからとりかかろう。

今夜は彼女さんが来るはずだったけどキャンセルに。
僕が彼女さんの家に行けば良かったんだけどもネコに会いたくないので拒否。
かまれた傷はまだ治っていないし、やっぱりネコを見たりするとイライラしてしまう。
これはゆゆしき問題になってしまうかもしれない…。