寝不足

口は災いの元

2011年11月の記事

11/27 sun. 歯医者

先々週、見てもらうだけで終わってしまった歯医者の2回目。
昔に比べるとずいぶんちゃんと説明してもらえるようになったと思うけど、なんで歯が痛いか説明してくれた。

まず、歯ぎしりをしているらしく、それで奥歯のはぐきが落ちてきて知覚過敏が起こって歯が痛くなるらしい。
これはマウスピースみたいなのを入れた方が良いと。
マウスピースは保険適用のゴム製と適用外のプラスチック製で、効果は違っても10倍以上値段が違う。

次に、虫歯が1か所。
右の下あごの奥歯の一本手前のところで、これは普通の治療で削ってかぶせる。
かぶせものの種類も保険適用と適用外の説明があって、これまた数千円から数万円まで違う。
たしかいわゆる奥歯より手前だから目立つかもしれないけど、ちょっとこの価格差では簡単に高い方をお願いできない。

最後は親知らず。
僕は10年ほど前に1か所抜いてどこだか忘れていたんだけど、レントゲン写真を見ると左下のようだ。
今回対象になっているのは上あごの両側。
「虫歯ではないけど、今後そうなる可能性がある」「痛いけれども大変ではない」ということで抜くことを奨励されている。

「で、今日はどうします?」と言われて虫歯の治療をしてきた。
次回まで2週間あくんだけど、経験上、とりあえずのかぶせものは1週間くらいが限度だった気が…。
しばらく普段使っていない左側だけで食べなきゃいけないから不自由だ。

やっぱり歯医者ってのは痛みを伴うし嫌だなあ。
ちゃんと歯を磨いているつもりではいるんだけど…。
せめて1年に1回くらいは定期的に見てもらわないとダメなんだろうなあ。
今回の治療が終わったらそうしよう。
スポンサーサイト

11/26 sat. 御岳山~日の出山

今月2回目の山登りは2回目の御岳山。

先週友達と飲んだ時にまた遊ぼうという話になって、その友達が別の友達を誘ったんだけど、この人が高尾山くらいしか登ったことがないと。
なので今回は軽く御岳山から日の出山に抜ける軽めのコースになった。

昨日の晩に飲み会でひどい目にあっていたので、4時に起きるつもりが5時前に一緒に行く友達のメールで起きる。
かなりあわてたものの電車の時間を1時間早く勘違いしていたんで、準備をする時間はあった。
6時前の電車で出発、ちょうど日が昇ってくる時間で、だいぶ冬になってきたなと感じた。
寒いのを見越して、ナイキのアンダーシャツの上に薄手のフリースを来て、先週買ったユニクロのウルトラライトのダウンジャケットを着ていたけどそれでも寒いくらいだ。
体調的には二日酔いで最悪の一言で、ぼけて立川で乗換えの電車を間違える始末。
20分ほど遅刻をしてしまったけど、御嶽駅に着いてからコンビニに寄って、バス、ケーブルカーと乗り継いで、あわてて装備を変えて、なんとか御嶽神社の手前で追いつけた。

神社にお参りして、9時半頃に御嶽神社を出発。
ペッタンコスニーカーの友達の友達が早々に2回ほど滑って転ぶ。
「これだからトーシロさんは…」といつものように思いつつも、「やっぱり靴買わなきゃダメだね!」と言っていたんでこれは山登りに入っていくいい傾向かなと思った。

1時間ほど歩いたらもう日の出山に到着。

日の出山山頂で飛行機雲

今日はすごく天気がいいし、ちょうど飛行機雲が見えていたので全部入るように写真撮影。

逆光気味の麻生山(たぶん)

南の方に見える麻生山(?)の紅葉が段々になっていておもしろかったんだけど、写真だと逆光でよくわからなかった…。
さすがに標高が低くて、大岳山(?)に隠れてしまって富士山はアタマがほんのちょっと見えるだけだったこともあって、やっぱり1000mは超える山に登りたいなあと思う。

11時には下山を開始、これもまた1時間くらいで普通の道に出てきた。

近所の山の紅葉

それからまたちょこっと歩いて「つるつるの湯」という温泉に行ってきた。
こないだ奥多摩で入った「さわらびの湯」もそうだったけど、泉質が熱くなくぬるぬるする感じで、佐賀の西の泉質とよく似ていて長湯ができて気持ちがいい。

松茸釜飯

昼飯に松茸釜飯を食べて、2時のバスで武蔵五日市駅へ。
今回は軽めだったけどコンディションが最悪の状態だったんで帰りの電車はぐっすり眠って帰ってきた。
夜もちょっとうとうとしたつもりがそのまま就寝。
軽く運動してぐっすり眠るなんて最高だ。

そういえば、ケーブルカーに乗る時に「スイカ・パスモ利用者の方に」ということでウッドチップをもらった。
木のすごくいい匂いがする。
トイレにでも置いておこうかと思ったけど、彼女さんが「ヒノキの匂いは嫌い」と言っていたので、下駄箱の中に入れることにした。

11/23 wed. ぶらぶら

昨日、飲んで帰って布団でうとうとしてたらそのまま寝てしまっていて、今朝は毛布1枚だけかけて電気がこうこうとついている状態だった。
携帯のタイマーをつけてなかったらいつまで電気をつけっぱなしだったかわからない。

午後になってから、最近壊れてしまったアイロンを南砂町のスナモにあるコジマに持って行った。
新しいのを買うことにするか悩んだけど、7,000円も出して買っているし、無料保証期間中だったから修理に出すことにした。
直るまで2週間くらいとのこと。
それまでシャツはクリーニングに出さなきゃいけない…めんどくさいしもったいないなあ。

修理に出してからウルトラライトのダウンジャケットを買いにユニクロへ。
山に行った時に山頂が寒かったりするし、インナーにもできるかもしれないから、コンパクトになるようだし、何より安いし、持っておいて損はないかなと思った。
しかしフード付きしか売ってなくって、でも週末の山登りには持っておきたいし、結局銀座のユニクロまで移動。
銀座点でも種類はおいてあるようでもサイズがSばかり。
山用だし何色でも良かったんだけど、こないだ「黒ばっかりじゃないすか」と友達に言われたんで、今回はパープルを選択。

ユニクロプレミアムダウンウルトラライト

サイズはLしかなくて、最近はユニクロもタイトめな作りだしまあいいかと思って試着もせずに買ってしまったけど、あとで着てみたらやや大きめ。
逆にウインドブレーカーの上からでも羽織れると好意的に受け止めることにする。

それから東京駅の八重洲口までふらふらと散歩して、カツ丼屋でカツを食べて、上島珈琲店でちょっと本を読んでから帰宅。
上島珈琲店はどれが普通のコーヒーだかわからなくていつもコーヒーなのかよくわからないものを飲んでしまう。
今回は「黒焙じち茶ミルク」…甘いからよくわからないけど、もうコーヒーは入ってないんじゃないかと。

家に帰ってきてから7時から10時くらいまでつい寝てしまった。
明日も仕事に行くのは憂鬱だな…。

11/22 tue. 飲み会

同期2人と3人で飲んでから帰ってきた。
1人は前に大ゲンカしたことがあるんだけど、ようやく2人とも大人になったので今は尊重しつつしゃべることができる。

さて、このメンバーで7月に1度合コンをしたことがあった。
幹事は彼女持ち、僕もまだ言ってなかったけど彼女持ち、昔ケンカした1人だけ彼女なし。
この時の幹事の女の人に誘われて、僕は2人で食事に行ったことがあった。
どうもその時の僕の態度がお気に召さなかったらしく、その後全く連絡は取っていたなかった。
ところが、昨日飲んでいる時に、この幹事の女の人と彼女なしの同期が何回か2人で会っていたことがわかった。
たしか前に男側の幹事には僕が2人で会ったことを言ってあって、僕も「えっ」と思ったけど話はさらっと流れた。
しかし、失礼ながら30歳過ぎるとお姉さんも積極的なんだなあ、と。
そして、彼女なしの同期はやや残念そうな感じだったんで、これは口が裂けても2人で会ったなんて言えないな、と。
いずれにせよ彼女さんには内緒なので言えないのだけど…。

でも、飲んでてこういうことがあるとおもしろいんだよな。

11/20 sun. 2日連続の浮気

彼女さんはまだ京都旅行中。
あんまり連絡ねえなと思っていたら、一緒に行った友達に朝まで彼氏のことで相談を受けていたとか…。
その子がどうせこっちが何を言っても聞かないのは僕も知っているんで、飲んでのを申し訳ないなあと思ったり。

そんな今日は天気も回復するんで早起きして洗濯。
それから津本陽の「雑賀六字の城」を読了。
時代小説はハマって読むから読み終えるのが早い。
雑賀の鉄砲衆の話で、おもしろかったけどちょっと僕が求めているものより刺激が足りない感じだったかな。
なんとなくさらっと終わってしまった感がある。
それにしてもやっぱり会話が方言ベースなところがいい。
どうも影響されて普段の生活にもちらっと出てしまう。

昨日は夜更かししたんで本を読んでから昼ごろまでまた寝てしまった。
それから食事をして、ブックオフで本を物色してから仕事へ。
夜、またなりゆきで昨日の友人と食事に行くことになって、今日は火鍋を食った。
熱くて辛くてどうしようかと思ったけど、友人が「冷まして食えばそんなでもない」ということを発見。
たしかにそうすれば辛さがほどよくなってうまい!
2人して「明日ケツがやばいな」と言いながらけっこう食べた。

家に着いてから、彼女さんから電話。
友人と2日連続で飯を食ったんで「浮気だ!」と騒いでたけど、ご機嫌は悪くない様子。
またしばらく会えないんだけど、まあこんな感じなら大丈夫かな?

11/19 sat. 浮気?

今日から彼女さんが京都に旅行に行ってしまったので、久しぶりに前によく遊んでた女友達と飲み会をセット。
と、これだけだと付き合ってすぐに同じことをして大変なことになりかけたので、今回はこないだ彼女さんと一緒に山に登った友人も連れてくる。
開始時間は遅かったけど、こんなに下世話なことで盛り上がった飲み会はいつ以来だろうか?
酔っ払って下ネタをマジメに話すのはこれはこれでおもしろくなってしまう。
人としては最低だと思うが…でも楽しい。

一方、そんな様子を察してか、彼女さんからは全く連絡なし。
勢いに乗って女友達とその友達と僕の3人で来週末に山に登る約束をした。
こっちは女子2人と一緒なので、彼女さんに山に登ることは言ったけど一部言わない方がいいこともある…。

11/13 sun. 麻布テーラー13着目くらいとか

月曜の午前中の突然歯が痛くなったので、今日の昼から診察を受けられるように予約をしてあった。
3年ぶりくらいに見てもらったんだけど、親知らずが虫歯になっていると。
その親知らずが圧迫して歯並びが悪くなって、知覚過敏が起こって痛みがあるんじゃないかと。
「親知らずは抜いた方がいいですねえ」とさらっと言われても、「はあそうっすね、じゃあお願いします」とはなかなか言えない。
とりあえず今日のところは知覚過敏用の処置をしてもらって、また次回、全体的な歯の状況も見ながらどうするか相談ということになった。

歯医者に行ってから昼飯を食べて、それからこないだ作ったスーツの受け取り日だということを思い出して取りに行ってきた。

改めてみると、生地といい裏地といい、僕が成人式の時にマルイのビサルノで買ってもらったスーツに似ているなあ…。
あのスーツはもう着る気が起こらないし、当時は派手だと思っていたけど、スーツも着出して10年も経つと平気になってくる。
明日さっそく着て行こう、そうでもしないと月曜のテンションは上がりにくい。

今週はやけに眠かったんだけど、朝の電車では目が冴えていて、ちくま文庫の「坂口安吾」を読了。
学生時代に読んだ「堕落論」や「白痴」を改めて読み返してみて、いまいちよくわからんなこの人はと。
完全に題名に何か学生が好むようなアングラ感みたいなものがあっただけか。
今は「風と光と二十の私と」あたりがなんとなくすんなりと読める。

という感じの週末。
仕事のやる気が全く出なくてどうしよう…。

11/12 sat. シルクドゥソレイユとディズニーシー

彼女さんプロデュースでシルクドゥソレイユで「ZED」を見て、ディズニーシーにデビューしてきた。

浦安在住なので東京ディズニーリゾートまではバスで30分ほどで着けてしまう。
たしか「シルクドゥソレイユ前」という名のバス停で下車、1時からの公演を見た。

シルクドゥソレイユ

予備知識を全くつけていないので「シルクドゥソレイユ」と「ZED」がどういう関係にあるのかわからなかったけど、公演「ZED」はすごく楽しかった。
サーカスと言ってしまってはいけないんだろうけど、その手のやつだ。
トランポリンとポールを使ったやつとか、見てるこっちが力んでしまう力技とか、さらには舞台だけじゃなくて裏で人が逆さに歩いてたり、とにかくおもしろかった。

ZEDの鑑賞券とディズニーシーの入場券がセットになっているものだそうで、そのあとはディズニーシーへ。
15年前にディズニーランドに来ていない僕はさっぱりどこを歩いているんだかわからなくて、彼女さんに任せていたら彼女さんも僕に任せた気でいたらしく、シルクドゥソレイユとシーはすぐ近くなのにわざわざイクスピアリを通ってモノレールに乗ってシーに到着。

着いたのは3時すぎだったんだけど、入場規制をしているとのアナウンス。
そんなに人気なのか…曇ってるし空いてると踏んでいたんだけど。
僕らは前売りチケットなんで問題なく入場。

ディズニーシー入口

家からバスで30分だし、山は毎朝東西線から見えるし、どうも地元感が抜けなくて、初めてでどこに何があるのかもわからず、いまいちテンションが上がってこない。。
アトラクションも2時間待ちはざらで、ファストパスも終わっていたので明るいうちに中をブラブラ。
彼女さんは僕がぼーっとしてるのが気に食わないらしく、だんだん不機嫌になるので、小腹も減ったし軽く食べながらビールを飲んで機嫌をとる。
アルコールで少し気分も上がってきたところで、日も暮れつつあってアトラクションも空き始めていた。

日暮れとイベントの合間を利用して、なんだかわからないシンドバッドのやつ、海底2万里のやつ、タワーオブテラーとなんとか3つほどアトラクションはこなす。
ちょうどクリスマスとシーができて10周年で、いろいろ特別仕様のものがいっぱいあった。

10周年記念のツリー
10周年記念のツリー

月に映えるタワーオブテラー
月に映えるタワーオブテラー

タワーオブテラーに乗ったあとで、ダフィーとかいうクマの店を見てたらすごい人。
こんなに人気があるなんて知らなかったな。
なんか人ごみのどさくさにまぎれて50近くてまだ独身のはずの職場の人っぽいのと目が合うし、彼女さんも欲しいものがないようなので退散。
最後のイベントを見てから帰ることにしたんだけど、あんなにすごいイベント毎晩やってるなんてすごいなとただただ感心してしまった。
やや人の減ったところで、彼女さんは結局特別仕様ダフィーとその相方を購入。
彼女さんのご機嫌とりではないけど、今日は彼女さんプロデュースなので僕がプレゼントした。

閉園時間であろう10時ギリギリまでいて、バスで浦安に着いたのは11時前だ。
近いってすばらしい。

ディズニーシーができるのとほぼ同時期に実家がこっちに移ったんだけど、ようやく僕もディズニーシーデビューをしてきた。
ディズニー感が薄れてて大人というかオッサンでも比較的なじみやすい雰囲気になってる。
こんだけ近ければ、ちょこちょこ来てればあわてなくてもアトラクション全制覇くらいちょろい感じだな。

11/5 sat. DANNER Vertigo

先週末、本屋でLightningの別冊かなんかのブーツを特集をしている雑誌2冊を立ち読みして、妙にブーツが欲しくなってしまった。
ブーツのメーカーなんかほとんどわかんなくて、知ってるのはレッドウィングと山靴で履いてるダナーくらい。
雑誌を眺めてても知ってるダナーが目について、ヴァーティゴがいいなあなんて思った。

それからネットでいろいろ探してみたものの、ブーツなんてチャッカブーツくらいしか履いたことがないからどこで売っているんだか全然わからない。
ネット通販にしようかと思ったけど靴だから一応履いてみてから決めたいし。
そんな感じで1週間迷っていると、そのうちネット通販の広告がダナーのヴァーティゴばかりになってきた。
これ、自分が見た履歴が残って表示されるんだろうけど、考えた人はアタマがいい。
刷り込みでどんどん欲しくなってきてしまう。

もう買う気満々になってしまったので、ようやく昨日の晩にアメ横のダナーのオンリーショップを見つけて、今日の夕方行ってみることにした。
目当てのお店の場所をすぐに見つけられなくて、他の靴屋をいろいろ見ている中の何軒目かで入った靴屋で、お目当てのヴァーティゴを発見、すぐに履かせてもらった。
サイズは普通のスニーカーよりも小さい26.5cmでちょうどいい。
そして履き心地がブーツらしからぬ心地良さと軽さ。
(後日、少しなら普通に走ることもできた)
一応、ブーツ素人ということで店員さんにいろいろ聞いてみて、別のオーソドックスなものも履いてみたんだけど、それだとやっぱりブーツらしい固さを感じる。
というわけでヴァーティゴをお買い上げ決定。

DANNER Vertigo

ネット通販では定価の3万円ちょうどくらいしか見当たらなかったけど24,000円ほどでだいぶ安くなってた。
あんまりアメ横で扱っているようなものを欲しいと思うことがなくて、イマイチ利便性を感じてなかったけど、山に登るようになったりそういう感じの格好が好きになってくるとアメ横のすごさを感じる。
いい買い物をした。

大満足したあと、その足で秋葉原まで歩いてガード下の「2k540」に行ってみた。
いろいろあっておもしろそうだったけど、軽く眺めてきただけ。
買い物はまた今度かな。
それから秋葉原駅でトイレに寄ったついでに無印良品で靴下購入。
ユニクロでは28センチまでのサイズがないけど無印ならサイズがあるから素敵だ。

念願のブーツを買ったのはいいけど、またお金を使ってしまった。
先月スーツを買った時にお金を使いすぎてると思ったんだけどなあ…。
お菓子とか自販機とか細かい出費を節約するようにしよう。

11/3 thu. 御岳山(みたけさん)~大岳山(おおたけさん)~鋸山

彼女さんと友達と御岳山から大岳山を通って奥多摩駅に出るルートで山登りをしてきた。

8時すぎに御嶽駅に到着。
紅葉シーズンに入っているせいか、御岳だからか人が多い。
御嶽駅からケーブル下までは臨時バスも出ていて、コンビニに寄っていて1台乗れなかったんだけど、次のバスですぐに行けた。
ちょうど僕らが出たあとくらいから長蛇の列ができていた、すごい人気だな。

今回は6時間コースらしいのでケーブルカーを使用。
御岳山は社会人1年目に当時付き合ってた彼女と登ったことがある。
あの時は装備も適当だし、特におもしろいとも思わなかったけど、8年もあるといろいろ変わるもんだ。
今日は彼女さんと一緒だったので「元カノと来た」なんて口が裂けても言えなかったけど。

御嶽山駅の紅葉
(御嶽山駅の紅葉)

山頂到着後、いろいろと準備をしたりして9時20分ごろケーブルカーの御岳山駅を出発。
30分もかからずに武蔵御嶽神社に到着。
「お犬様」だかなんだかで犬を連れている人が多いし、いくつかある社の狛犬はどれも個性的だ。
本社のやつは筋骨隆々系で、奥の小さい社はどちらかというとカワイイとかコミカルな感じ。

御岳山自体の山頂がどこだかよくわからないまま、ロックガーデンこと岩石園に向かう。
道案内ではロックガーデンと岩石園が併記されているけれども妙に「岩石園」という響きがハマってしまった。
少し歩いて天狗岩という大きな岩にぶつかると、そこから先が岩石園。
天狗岩は通った記憶が全くなかったけれども、岩石園の風景はなんとなく覚えがある。

綾広の滝
(綾広の滝)

沢沿いに巨石を見ながら進んでいって、「綾広の滝」という滝から一気に山の中に入って行く。
途中それなりの岩場なんかを通りつつ、2時間ほど歩いて昼すぎに大岳山の山頂に到着。
山頂はけっこう混み合っていて、富士山が見えることもあって、山頂標識の後ろに座っている人も。
みんなそこで写真が撮りたいのに邪魔くさいので、友達が「空気読め」と怒っていた。
山頂の後ろから富士山がうっすら見えただけでもとりあえずは満足。

大岳山山頂と富士山
(大岳山山頂と富士山)

食事や記念撮影でなんだかんだ1時間ほど休憩して、1時過ぎに鋸山に出発。
このあたりは尾根伝いに歩くんで比較的平坦な道が多い。
そして葉っぱが色づいて紅葉もきれいなんだけど、いかんせん杉とか手前に植えてある気が邪魔で写真を撮っても木で隠れてしまう…。
まあ雰囲気は味わえたので満足。
また2時間ほどかけて14時半に鋸山の山頂に到着。
ここは眺望が開けてないし、ちょっと手前にけっこう登るところがあるから山頂という感じがあまりしない。
日も落ちてきているようだしさっさと先に向かう。

鋸山山頂
(鋸山山頂)

下山途中の紅葉
(下山途中の紅葉)

あとは下山するだけだったんだけど、途中でわざわざ鎖場を下りたりしていたら余計に時間を食ってしまった。
ずっと左手に見えていた御前山(ごぜんやま)もようやく左後ろになってきて、4時すぎに愛宕山のところに到着。
もう日が落ちてきているので愛宕山は越えずに「登計集落」と書いてある脇道を下山することにした。
林の中で通る人も少ないのかあまり整備もされていない感じ。
ただ、結果的に人家に出てきたところは愛宕山を越えるよりも、このあと寄ろうとしていた「もえぎの湯」に近いところに出てこられた。
予定では3時ごろには奥多摩駅に出たかったんだけど、ちょっと見込みが甘かったな。

もえぎの湯近くの吊り橋
(もえぎの湯近くの吊り橋)

吊り橋からのもえぎの湯と鍋割山
(吊り橋からのもえぎの湯と鍋割山?)

奥多摩の渓谷の吊り橋を渡ってもえぎの湯に到着したけど、登山客で混み合っていて入館制限中ですぐには入れなかった。
彼女さんはさっさと入れたんだけど、男の僕らは30分ほど待たされて、待っている間にすっかり日が暮れてしまったしカラダも冷えてしまった。
入館制限をしているだけあって、僕はたまたますぐに行けたけど洗い場は何人か待っていたりするくらい。
でも泉質は佐賀の温泉と同じ、ぬるっとしてあまり熱くないお湯なんで長く浸かっていられる。
内風呂、露天を両方とも堪能して疲れを癒やせた。

帰りは立川で飲んで、浦安に着いたのは12時近く。
6時間歩いたし帰るのも遅くなったし、今日はけっこうハードな山登りになった。
まあ、たまにはこういうロングコース(?)も経験しないと体力を作れない。
紅葉も見られたしリフレッシュにはいい山登りだった。
しかし、去年11月に登った筑波山もそうだったけど一番きれいな紅葉がケーブルカーのところというのはどうなんだろうなあ…。