寝不足

口は災いの元

2012年07月の記事

7/29 sun. 結婚日記その30(独身最後の週末)

8/1に入籍するので、今日は独身最後の週末である。
女友達と遊んだりしようかなあと思ったりもしたけど、思いつくのが遅かったし、彼女さんと付き合ってから遊んでいないので予定が入れられなかった。

というわけで、昨日は昼まで寝てだらだらしたまま気づけば夕方。
実家に用事に行ったりして、帰るくらいにちょうど浦安の花火がちょっとだけ見えた。
そしてオリンピックを見ていて終了。
ほぼYoutubeを見て終わった…。
夜にオリンピック中継を見ていたら大学のゼミの同級生の女の子から「女子会やるからおいで」とお誘い。
4人が人妻でそのうち子持ちが3人、そしてバツイチ1人の計5人。
「奥さんになる人連れてこい」と言われたけど、「これ以上小姑を増やせない」と断った。
結果的に一緒に行くことになるかもしれないが…解散してからの彼女さんを考えるとちょっと怖い。

さて今日。
午前中は整体に行って首の治療。
ようやくグリグリやられてもしんどいほどじゃなくなってきた。
もうちょいで治ってほしいところ。
帰ってきてから支度をして、東京駅のオアゾの「釜揚げうどん 水山」で昼飯。
前からあるのは知ってたけど、入って食べてみたらおいしかった。
それからちょいと買い物と思ってブラブラして、仕事用のバッグを探す。
塩化ビニール製で気に入っていた2年ちょい前に買ったマスターピースのバッグの角がすれてきてい、色が落ちてきていた。
ちょうど見たお店にマスターピースのバッグが置いてあって、好印象そのままにナイロンのものを購入。
今まで黒ばっかりだったけど、今回は紺と茶の組み合わせに。
この方が仕事じゃなくて書類を持って行く時に使ったりもできる。
買い物を終えてからは仕事。
ちょっとがんばった。
帰ってきてから洗濯と、乾いてたワイシャツにアイロン。

こんな感じで独身最後の週末が終わった。
だらだらして、家のことして、自分のカラダのメンテナンスして、物欲を発散して、仕事して…。
当たり前の独身の生活だな。
特に感慨深くもなく終わってしまった。
しあさってには結婚をするんだ。
彼女さんを幸せにしなきゃいけない。
まあしかし、深く考える前に一緒に住むとこ決めなきゃいかんな。
このままだとずっと別居状態だ…。
スポンサーサイト

7/27 fri. 疲れた

今週は日曜の仕込みのおかげで週明けは順調だったものの、前に怒られたことがあった人にたまたま用事で言ったらまたきついことを言われてへこみ、なんかその嫌な気分と単純に仕事が増えたことですごく疲れた。
でも同期も上司も同僚もグチを聞いてくれたので少し気分的には楽になったかなあ。
31歳にもなってそんなにグチっちゃいけない気もするけども。

今日はそんな気分を紛らわせるために、銀座でラーメンを食って帰ろうということになった。
冷麺の店がやってなかったんで、別のところに行こうとしたら、いつも並んでいる「朧月」というつけ麺屋が手薄に見えた。
30分ほど並んでようやくありつく。
僕はスープが冷めるのが嫌でつけ麺はあまり食べない方なんだけど、ここのはおいしかったな。
具財の味付けもうまかった。
1人で調理してる上に調理時間もけっこうかかるから、待つことになるのは仕方ないんだろうな。
おいしかったけど、並んでらーめんは食べないのが僕の主義だ。
行くのはまた気が向いたらって感じだろうな。

彼女さんが仕事で海外に行ってしまっているので携帯でメールをほとんどしていない。
久しぶりのこの感じは気楽なような気がしなくもない。

7/23 tue. 「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」

増田俊也「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」をようやく読み終えた。
上司に貸してもらってから3か月かかった。

ストーリーとしては、木村の生い立ちから戦前に柔道を極めるまで。
それから戦後はプロレスに入って行って、並行して力道山のプロレス入りのエピソード。
そのあと、木村と力道山の試合の話に入ってきて、最後は木村の晩年と。

こうやって伝説的な強い人を掘り返して残すというのは大事だと思う、こういう強い日本人がいたというのは気持ちがたかぶってくる。
まあそんなキレイな気持ちとは別に、木村もあんまりいい生活はしてなかったようだし、力道山は本当にやり方が汚い感じがして、その部分はあんまりいい感じがしなかったなあ。
あとは、木村と力道山の試合の重要な要素ではあるんだけど、プロレスのアングルとか裏の話みたいなのをあんまり触れられすぎちゃうと、プロレスが楽しめなくなっちゃうなあと。
僕はプロレスはそんなものを考えないで楽しむものだと思っているんで。

しかしまあ格闘技好き、プロレス好きならば歴史の1つとして読んでおくべきという感じがしたかな。
時間はものすごくかかるけど。

7/21 sat. やる気なし

彼女さんが来週1週間仕事の関係で海外に行くので、その準備の買い物に付き合ってきた。

まあしかし今日の彼女さんはワガママだった。
腹が立つわけじゃあないんだけど好き勝手なことばっかり言ってたなあ。
一応、次に会う時は婚姻届を出しに行く日なんだけど、「結婚する気ないでしょ?」と言ったら「実感ないからなんとも言えない」と。
僕もちょっとあきれて冗談ぽくまとめとちゃったけど、ほんとに大丈夫なのかなと思わなくもない。

自分で言うのもなんだけど、「おままごと婚」みたいなこと言われても仕方ないような心理状態だ。

7/20 fri. 北海道出張

5月末に数年ぶりの出張に行ったけれども、その時は日帰りだった。
昨日今日の2日間で久しぶりの泊付きの出張で北海道に行ってきた。

北海道に行ったのは20年ほど前に同じ小学校だった友達の家に遊びに行って以来だ。
個人的にはいろいろ感慨深いものを感じながら、あくまで仕事なので、すごくタイトな日程の中2日間を過ごした。
それにしても北海道は過ごしやすい天候だった。
1日目は日差しでちょっと暑いくらいで、夜は寒いくらい。
2日目は曇天で逆に暑くなくて過ごしやすかった。

帰り、新千歳空港でおみやげを買ったんだけど、すごくたくさんお店があったのに時間がなくて全然見られなかった。
今度はプライベートの旅行で来たいなあ。
その時はドライブで回ってみたい。

7/15 sun. 新盆

「東京の新盆は7月」と母親に言われていたんだけど、急きょ祖母の新盆で祖父のうちに行くことになった。
ちょうど彼女さんが休みだということもあって、祖父や親戚に会ってみるか聞いたらOKしてくれたんで、彼女さんも一緒にお線香をあげてきた。
祖父もなんとなくうれしそうだったし、伯母や従妹もはしゃいでいた。
お線香あげる以外には特にすることもなく、1時間ほどいてから帰ってきた。

帰りに、近所の荒川遊園に彼女さんを案内。
僕も20数年ぶりだったんで、イメージしてたよりもだいぶ小さかった。
ただ、休日でものすごく天気が良かったこともあって子ども連れの家族でかなりのにぎわい。
「都内でもかなりマニアックだけど、それなりに人気があるところ」というイメージは彼女さんに持ってもらえたかも。

そのあと、彼女さんちに向かう途中で、駅でたまたま彼女さんの後輩と遭遇。
僕も会ったことがあったんで、途中まで一緒に帰ってきた。
そのまま飲みに誘っても良かったんだけど、明日は僕も彼女さんも仕事で「今日は早めに寝る」と決めてたんで、お誘いしなかった。
ちょっと買い物をして、6時少し前にお店に入って、軽く飲んで食べて7時すぎには退散。
本当にさっさと帰ってきて就寝。

しかし今日はすごく暑かった。
昨日、エアコンの掃除はしたもののまだガマンできるかと思っていたけど、解禁日はすぐかもしれない…。

7/14 sat. 家のこと

今週は久しぶりにやたら忙しかった。
今日は昼すぎに父親からの電話で起こされたけど、10時間くらい眠っただろうか。

天気が良かったんでようやく冬物の羽根布団をようやく干すことができた。
その間にエアコンの掃除もして、ようやく真夏に向けた生活環境の準備ができた。

ほかにも洗濯したり、整体行ったり、ネットやったり、昼寝したり…なかなか充実感のある休日だった。

本屋で夢枕獏の「陰陽師 天鼓ノ巻」を買ってきて読み終えた。
文庫本を1日で読み切ったなんて夢枕獏の「餓狼伝」の何巻か以来。
つい買って読んでしまうんだけど、マンネリ化してるし、前の本からしばらく間が開いてこのくらいの内容だとちょっと物足りない。
「おやつ」みたいな本かな。
なんか厚い本を読んでる時に、ちょっとつまみ食いするような感じ。
そういう風に考えたらアリっちゃあアリか。

7/8 sun. 記念のバーで

午前中、今週も首痛のために整体に行った。
「ようやく芯がわかってきました」「痛いですよね…今日は集中砲火させてもらいました」
とのことで、とにかくむちゃくちゃ痛かった。
肩甲骨に響くくらいならなんとかガマンできるけど、耳の後ろからこめかみまで響くと気分が悪くなってくるし、思わず「ちょっと休みましょう」と言いたくなる。
まあでもここまで悪くした自分が悪いかな。
慢性的になっているし、ガマンして通う。

午後から彼女さんとデート。
婚約指輪をつけてのデートは初めてで、改めてつけているのを見るのはなかなかいい気分。
ちょっと遅めの食事をして、先月の顔合わせの時に撮った写真を現像したり、彼女さんの買い物に付き合ったりして、夕方になった頃にコリドー街の適当なお店に入る。
今日はプロポーズした時にも行った汐留のバーに行くことにしていたんで、ハッピーアワーのうちにちょっと飲んでおこうと。
彼女さんはやや飲みすぎ気味で、日も暮れてから汐留のバーへ。
ちょうど半年ぶりくらいで、またバーテンダーのメンバーが変わっていた。
まああんまり行かないから当然か。
やっぱり落ち着いたお店なんだけど、けっこうバーテンダーさんとおしゃべりしたりしつつ、いろいろお酒を飲ませてもらって楽しんだ。
けっこういい値段するんだけど、2人の思い出のバーみたいな感じだし、いっつもバーテンダーさんに楽しませてもらってるからまた何かの記念で行きたい。

明日仕事なのにちょっと飲みすぎたような、お酒はおいしかったから、悪酔いはしない安心感もあるような。
今日はいいデートだった。

7/7 sat. 七夕

彼女さんに
「今日は七夕だよ」
と何度か言われて、
「良かったじゃん、彦星に会えて」
「短冊に「結婚したい」って書いたら?」
と言ったらもう聞かれなくなった。
どう答えるのが正解なんだろうか?

昨日は彼女さんが泊まりに来て、近所の広島焼きを食べに行って帰ってきて、アイス食ってテレビを見てたら眠くなってそのまま寝てしまった。
そのせいか今日は思ったより早く目が覚めたけどあいにくの天気。
彼女さんに「何したい?」と聞いたら「深川不動堂に行きたい」と。
たしかに前から話はしていたけどなかなか行ってなかった。

さて深川不動堂。
正月にしか来ないので、普段の土曜がこんなにガラガラしてると違和感を感じる。
人も少ないし彼女さんは初めてだし、今日は中に入っていろいろ見てきた。
中に入るのは僕も初めてで、天井絵とか八十八か所巡りとか、いろいろあって意外だった。
ただ、梵字の建屋になったこともあってどうも商業的な感じがしてしまう…。
彼女さんは本山の成田山新勝寺には去年行っているんで、僕と同じように「なんか成田さんとは違う気がする…」と。

まあそんな感じでお参りというか見学をして、せっかく深川に来たしと深川めしを食べることに。
昔は母親の仕事の関係で、住吉にあるお店で時々食べていたんだけど、僕も深川めしは10年ぶりくらいだろうか。
深川不動堂と同じく彼女さんは初めてで、おいしかったということで僕も良かった。

それから今度は富岡八幡宮の方もお参り。
お神輿とか横綱力士碑とか、こっちも案外見どころがあっておもしろい。
寺社仏閣を見るのが好きな彼女さんも満足していたようだ。
このへんは毎年来ているからだいたい案内できるし、このくらいは僕もお安いご用だ。
早く連れてくれば良かった。

そんな感じの七夕だった。

7/5 thu. 風邪が治った

月曜の晩から風邪っぽくて、火曜起きたら関節が痛いしだるい。
うちには体温計がないけど絶対に熱がある。
すぐに職場に休暇の連絡をして病院へ。
「のどが赤い、見てるだけでうつりそう」と言われ、「風邪です」と。
薬をもらって飲んで、ひたすらアクエリアスビタミンガードを飲んで、そして寝ていた。

水曜はちょっとのどが痛かったけど出勤。
夜にはのどの痛みも気にならず。
今日はほぼ完全に治ったような感じ、まだ薬は飲んでるけど。

先週職場で結婚の報告をしたんだけど、今週あたりでちょいちょい広まり出しているようで、先輩から「結婚するんだ」と急に言われてあわてて報告に行ったりとか。
今日もすっかり忘れていた先輩にいつ行こうかタイミングを見てたら、ちょうど帰りに一緒になった。
これからも疎遠な上司に久しぶりに会っちゃったりして、こんなのが続くんだろうなあ。

7/2 mon. 風邪もらった 

昨日の晩から風邪っぽかったけど、今朝起きるとせきは出るしのどのあたりが腫れぼったい感じ。
日中、職場では多少せきが出る程度だったのが、夜に仕事の打ち合わせを終えるとせきがひどくなった。
帰ったのが薬局が終わっている時間だったんでとりあえずコンビニで売ってた液体ルルを購入。
暑いような暑くないような感じなのでロンTを着たんだけど全然暑くない。
むしろ寒気がする。

完全に風邪をもらってしまった。
彼女さんはこっからのどに来て、一時期声が出なくなっちゃって、すごくのどが痛かったらしい。
とりあえずのどのスプレーはしてるけど、僕はのどが弱い方だから不安だ。
明日の朝ひどかったら病院だな。

7/1 sun. 雨の中の散歩

金曜の飲み会で同期にいじめられてメガネの鼻パットがゆがんでしまったので、銀座の999.9に直しに行ってきた。
この1日半ほど同じく999.9の前のメガネをしていたんだけど、実はそっちの方が掛け心地が良かった。
なので、直してもらいつつもう1度調整してもらう。
やっぱりなんかしっくりきてない感じがしつつも、まあ前よりはマシになった。
そのうちまた慣れてくると思う。

ちょっと買い物でもしようかと思ったけど、ちょうどセール中で人が多かろうと思って、とりあえず東京駅方面まで歩いた。
昼飯を食べていなかったんで、新しくできたと思われる「東京チカラめし」に初めて入ってみた。
松屋よりも「ガッツリ色」が強くて腹が減っている時には良いかもしれない。
ただ女の人はこういうのあんまり好きじゃないだろうなあ。
店側も女子供は相手にもしてないんだろうけど。

散歩の最後は日本橋の上島珈琲店で。
相変わらず「普通のカフェラテ」みたいなのを頼めなくて、アイスコーヒーを注文。
今日はメニューがよく見える席だったんで、初めて良く読んでみたら、「無糖ミルク珈琲」というのがあった。
今までずっと何か特殊なコーヒーだと思ってたけど、ようはこれがカフェラテ相当じゃないか。
なんでこんなことに早く気づかなかったかなあ…?