寝不足

口は災いの元

2012年11月の記事

11/25 sun. 塔ノ岳~丹沢山~鍋割山

前の日の晩からワイフに「明日は山に行く」と宣言しての山登り。
丹沢・大山やまなみスタンプラリー」で、全部登ればもらえる手ぬぐいがどうしても欲しかったので、雪が降る前に塔ノ岳、丹沢山、鍋割山を攻めて来た。

塔ノ岳は過去最も辛かった山だ。
1年半前に登った時には、塔ノ岳までの登りで体力の限界を感じて、予定してた丹沢山に行くのを止めた。
丹沢山はスタンプコースに入っているため、多少体力的にきつくても今日1日で塔ノ岳、丹沢山、鍋割山のスタンプをゲットしておきたかった。

早朝に地元の駅を出て、渋沢の駅で下車。
そこからバスに乗って7時前に大倉のバスターミナルに到着。
早速スタンプラリーの台紙を購入、300円。
さっそく大倉でスタンプ押印。
登山届も出し、今日の山登りは相当きつくなるのでいつも以上に気合いを入れてスタート。

この時期の服装がイマイチ想像できず、とりあえずゴアテックスのウインドブレーカーに、ユニクロのフリース、ナイキの冬用アンダーシャツで登り始めたところ、すぐに暑くなったのでウインドブレーカーは脱いだ。
今日は単独行で自分のペースで登れるので、ほぼ休憩なしでガンガン進む。
相変わらず塔ノ岳の階段の連続は登山者の心をへし折ってくるほどハード。
花立小屋の手前あたりで富士山が見えてテンションが上がったものの、右足の付け根に痛みが出てきた。
耐えられる程度だったので、ストレッチしたりしながら塔ノ岳山頂に9:45頃到着。
前回の3時間よりもあんまり時間を縮められなかったのでちょっと残念だった。

さて、今回は丹沢山まで行かなければならないので、塔ノ岳山頂での休憩もほとんどなくそのまま丹沢山方面へ。
尊仏山荘のすぐ後ろにオスのシカがいて、丹沢名物のシカと初遭遇。
また少しテンションが上がってがんばろうという気が起こってくる。
モノの本では尾根伝いということで少し甘く見ていたところもあったんだけど、実際はアップダウンがけっこうきつくて、右足付け根の痛みも徐々に気になりだした。
登りの場面では右足付け根が痛いので、さすがにペースも落ちて、何度か休み休みしながらモノの本のとおり1時間ほどで10:45丹沢山到着。
丹沢山への移動中くらいから徐々に天気が悪くなってきていたけど、景色はすごく良かった。
こういう景色が好きで僕は山に来るんだ。

丹沢山で食事休憩のつもりが、急きょ救助ヘリが着くことになって食事もそこそこになってしまった。
しかし、運ばれた人や救助ヘリの隊員さんには申し訳ないけど、貴重なモノを見られた。
ヘリの風があんなに強いとは…念のため持っていたユニクロのウルトラライトダウンだけじゃ耐えられないほど寒かった。
丹沢山の山荘でスタンプを押し、30分ほど休憩して塔ノ岳に戻る。
右足付け根のダメージを考えると、ペースダウンは必至で急がなきゃいけない。

案の定、大幅にペースダウン。
痛みと体力の消耗で登り下りがきつい。
ただ、地図どおり1時間ほどで12:15には塔ノ岳に到着できた。
体力的にしんどいので尊仏山荘でのスタンプ押印も含めて休憩。
ヒザが笑ってて座って休んでても今度は立ち上がるのがきつい。
雲がかかってて風も強いし、休憩してもあんまり安まらないので15分ほどで鍋割山に出発。

丹沢山から塔ノ岳で何度も「今日はやめるか?」と思ったけど、鍋割山くらいであれば気合いで乗り越えなければと疲れたカラダにムチを入れる。
やや下りの多い道がら、右足付け根に続いて左ヒザに痛みが発生。
両足に痛みが出たので最終的に下山できるかどうか不安になるものの、なんとかがんばって13:30鍋割山到着。
完全に足がやばくって、立ってるだけでガクガクふるえている。
しかし登山ブームはすごくて、1年半前には同じくらいの時間帯でまばらだったのに、けっこうな人がいたなあ。
鍋焼きうどん待ちが一体何人いたことやら?
前回と同じく疲れもあって鍋焼きうどん食うほど食欲がなく、今回も食べずに他のお客さんの波をかき分けてスタンプをゲット。
もう良い時間だし、大倉に至るまでに暗くなるのが嫌でさっさと下山開始。
下りてすぐのところで2頭のシカが逃げて行った。
上高地といい、今年はよく動物に会うなあ。

鍋割山の嫌いなところは下山してからのだらだら長い道だ。
最初は景色の変化もあるんだけど、途中からはただもう歩くだけ。
ややうんざりしつつ16:30大倉に無事に到着した。

いつもならとりあえずコーラを飲むところなんだけど、疲れちゃったし寒いのでそこまでカラカラというわけでもなく。
でもバスがすごい行列だったので、コーラを飲んで時間調整。
大倉からのバスも渋沢からの電車も座ることができず、休めないまま地元到着。
歩いて帰る気力はさすがになく、バスで帰宅した。

やっぱり辛い丹沢。
僕は山登りじゃ滅多に筋肉痛は出ないんだけど、今回は筋肉痛じゃなく痛みが出た。
トレーニング不足なのだろうか。
まあしかし、やっぱり近場で良い山ということには変わりがない。
スタンプラリーもあとは伊勢原駅と大山だけだし、疲労や痛み以上の充実感がある。
ああ、しかし今日は疲れたなあ。
スポンサーサイト

11/19 mon. スマホから

ワイフと同居したら家でパソコンいじれなくなったのでスマホのアプリを導入。
ちょっとしたメモ書きをしとけば便利かな。
日付の指定もできのか!すごいな!
まあまたおいおい使いながら覚えよう。

しかし、スマホで長いことメールしてると電車で酔いそうだ…。

11/18 sun. 結婚日記(和装写真別撮り)

和装の写真の別撮りではるばる幕張の方まで。
両家の母親同行で、ワイフは白無垢と色打掛、僕は紋付きで。

今まで公園で写真撮ってるの見て、恥ずかしいかなと思ってたけど、ポーズ取ってる方が大変で気にしてる余裕なかった。

終わった頃には真っ暗で一日仕事だったけど、やっぱり着物の写真は撮って良かった。
いい記録になりそうだ。

11/17 sat. 結婚日記(二次会打ち合わせ・その1)

午前中に近所のホームセンターにカーテンを買いに行って、午後から幹事も交えて二次会の打ち合わせに。

さすが人気店で、二次会の準備してあるお店で打ち合わせ。
二次会慣れしている店長さんによるマニュアル化されたノウハウを聞いてたら、なんとなくうまく行きそうな気がしてくる。

1時間ほど話を聞いたあと、場所を改めて幹事と相談。
おおまかな方向はできたかな。
僕の方でお願いした同期が話をリードしてくれて助かった。
ワイフも文句言わないし。

同期は途中で帰って、ワイフの後輩と飲んでたら飲み過ぎてしまった…。

11/13 tue. 結婚日記(招待状配り)

週末に用意した招待状、あいさつと乾杯を職場の上司にお願いするんだけど、それで問題ないか別の上司に相談して1日開けた。

さて、いざ配るとなってもどのタイミングで配ったらいいものやら…?
そんなことを考えてながら今日の日程表を見てたら、あいさつをお願いする課長が今日はほとんど外出の予定。
これは急がなくては、と昼休みにとりあえず課長のところに突っ込む。
事前に声かけをした時にはあいさつのことは言ってなかったけど、今回お願いしたところOKの返事。
まあ嫌だと言う人はいないはなあ。

昼休みの時間は課長だけにして、課内の他の人には終業頃にささっと。
乾杯をお願いする上司は「他にいないのか?」と言われたけど、「課内で一番お付き合いが長いので」と押しの一言で了解してもらった。

しかしタイミング難しいかと思っていろいろ考えたけど、いざ渡すと前に話してあるから「ああ、はい、喜んで出席させていただきます」とさらっと受け取ってもらってしまった。
まあこれでまた1つやらなきゃいけないことが終わった。
次はいろいろ中身を詰めていかなければ。

11/11 sun. 一人の休日

10時前に起きて洗濯とちょっと部屋の片づけ。
それから掃除もしたり。
ワイフは仕事なので1人でまったり。

昨日の招待状の封詰めの最終チェックをして、郵送分を郵便局に持って行った。
本局はうちから少し離れているんで、ついでに周辺を自転車で散策。
駅の周りやうちの周りにはお店がないんだけど、自転車で15分も行けばスーパーや大型量販店がある。
結婚式が終わって生活が落ち着いたら週末はこのへんに買い出しに行く感じだろうか。

ちょっと遠くまで行きすぎてしまいそうになりながら、天気が崩れる前に戻ってきて、前から気になっていた近所のラーメン屋で坦々麺を食べた。

今日は1人でゆったりした一日。
ちょっと風邪が抜けきってない感じだけど、リラックスできた気がする。

11/10 sat. 結婚日記その45(衣装合わせ)

今日は朝から衣装合わせに表参道まで。
僕の衣装と、ワイフの小物決めだ。
例によってワイフはあーでもないこーでもないと悩み、一方の僕は3着ほど試着して1時間ほどで終了。
結局全体で3時間コース。
同じタイミングで来ていた他の人はみんな帰ってしまっていた。

それから渋谷の郵便局まで行って、今週届いた招待状の切手を購入。
ワイフは「80円切手で十分なはず」というのを、頼んで念のため郵便局で量ってもらうことにしたら、「90円切手ですね」と。
量ってもらってよかった。

それから昼飯を食べて、表参道の麻布テーラーで僕のスーツを発注。
タキシードも作ってくれるけど、今回はただの仕事用のだ。
ワイフはスーツを買うのが初めてで、僕がサクサク決めて30分ほどで終了したことに「信じられない」と。
そりゃあの優柔不断なワイフなら、2時間は悩みそうだ。

さらに用事を済ませるべく、指輪のお店へ。
作ったのは銀座のお店だったんだけど、表参道にもあるので結婚式前のクリーニングの話を聞きに行こうと。
そしたら最初に迎えてくれた人がちょうど銀座で最後に担当してくれた人で、「9月からこっちに来たんです」と。
なんとなく覚えてくれていたんで話も早く、クリーニングとかちょっと加工の追加とかで3週間くらいいるとのこと。
内容的に、電話で済ませていたらワイフにいろいろ言われて大変なことになるところだった。
聞きに来ておいて良かった。

用事はだいたい済んだので買い物をして帰宅。
帰宅後、先週あいさつに行けなかった下のうちに引越しのあいさつ。
先週のお隣さんも良さそうな人だったけど、下のうちも良さそうな人で良かった。
娘さんが人なつっこい子でかわいらしかったな。

今日は招待状の封詰めをやろうという話をしていたんで、帰ってきてから買ってきたワインを飲もうかどうしようかと言ってたんだけど、作業をしてしまうことに。
が、ここでやり方のことでワイフが僕の提案が不満だったらしくぶんむくれ。
さらに、作業間違ったり、途中でやめてワイン飲むつもりが僕が最後までやろうと言ったのでブチ切れ。
結果的に最後まで作業をしてしまえたんで良かったんだけど、ものすごく険悪な雰囲気に。
僕も怒ったらダメなので、怒りはしないけど妥協もしないことにしている。

作業終了後、一緒にワイン飲んだりしたものの、ほぼ無言で就寝。

11/8 thu. 焼肉

同期と「焼肉食いたいねえ」と夕方なって、急きょ焼肉食いに行ってきた。

同期3人、1人は僕と1か月違いくらいで結婚式をするんで、いろいろ情報交換をしたり。
うちと違って奥さんが粛々と準備を進めているらしい。
いちいち怒るうちのワイフにも見習ってほしいもんだ。

さて、焼肉食ったというとまたうるさいので、「飯は食ってきた」と帰宅。
こんな日に限って飯を炊いていたらしい…。
なんかうまくいかないなあ、うちの夫婦は…。

11/4 sun. 新生活

昨日の晩、仕事疲れのワイフと険悪な状態になり、先に寝てしまった。
そのおかげか今日はぐっすり眠れた。

今日は近所へのあいさつに行こうと思っていたんだけど、あいにくどこも不在。
天気が良かったし昼すぎだったからいない方が普通か。

それからホームセンターに自転車とトイレ用の突っ張り棒を買いに。
買ったばっかりの自転車で、引っ越してからまだ行ったことがない方面も散策。
やっぱり自転車があると行動範囲が全然違う!
ちょっと遅めの食事をして、買い物をしてから帰宅した。

帰ってからは部屋の片づけをしたいワイフとちょっとまた険悪に。
そんなにあわてなくてもいいんじゃないかなあ…って僕の気持ちは汲んでもらえない。
だいたい家具の配置なんて好きにしてくれていいんだけどなあ。
よく聞く話だけど、なんで女の人は男のこだわりのなさを理解してくれないんだろうか。

それにしてもネコと同居して4日目で、自分がネコアレルギーだと認めざるを得なくなった。
夕方から鼻水が止まらない…。
これからの生活は気が重くなる。
早く空気清浄機買おう。

11/3 sat. 都内ぶらぶら

今日はワイフも仕事なので、午前中に洗濯をして、午後から外出。

地元の不動産屋で用事を済ませてから、久しぶりにスーツとシャツを発注しに行こうと思って日本橋方面へ向かった。
ところがスーツのお店が混雑中…。
2時間待ちとか言われたのでやめてきた。
そのあとシャツをお願いしてるお店に行ったら、こちらはいつものようにスカスカ。
ものの15分程度で発注終了。

実は引っ越して日本橋方面は定期圏内からはずれてしまって、定期圏内の大手町からだとちょっと歩く。
いい機会なので、同じスーツの銀座の別店舗に向かってみたところ、こちらも混雑中。
なんで今日はこんなに混んでるんだろうか?
みんなオーダーしないで吊るしのスーツ買えばいいのに…。
今日はスーツを発注するなという何かの啓示だと思ってあきらめる。
そのあとユニクロで職場用のフリースを買って、近所への引越しあいさつ用のお菓子を買いにルミネの地下に寄った。
それから職場で仕事をして。

まあ今日はだいたいやりたいことはできただろうか。
明日はワイフも休みなので、近所へ引越しのあいさつをして、それから自転車を買いに行きたい。

11/1 thu. 結婚日記その44(同居開始とブライダルフェア)

今日ワイフが引越しを終えて、いよいよ一緒に住む生活が始まった。
と言っても僕は仕事に行っていたのでワイフが1人で入居してきたんだけど。

夜に結婚式を挙げるホテルでブライダルフェアがあったんで、ちょうど早く出られたのでワイフと合流して行ってみた。
ついつい自分たちを基準に式が決まってる人が来てるんだろうと思ってしまっていたけど、まだ決まってない人たちもいる。
もう決めてしまっているものもあったんだけど、「ここでお名前いただければサービスが」ってやつがいろいろあって助かった。
花なんかは高いから、サービスが追加されるのはありがたい。

それから食事をして帰宅。
なんだか同じところに住んでて一緒に帰るということに違和感。
お互い疲れたんで今日は早めに寝る。