寝不足

口は災いの元

2013年01月の記事

1/21 mon. 通常営業

結婚式をやって1週間も経つとすっかり通常営業。
僕もなんとなく浮ついてた雰囲気もなくなり、仕事へのやる気が出てきた。

家に帰ると、友人から結婚式の写真のDVD、結婚式場から残りの請求書が届いていた。
仕事は通常営業でも、まだもうちょっと結婚式絡みのことは続きそうだ。
今月から来月にかけてそれぞれの実家にあいさつに行かなきゃいけないし。
まあ結婚式みたいに「いつまでにやらなきゃ!」みたいなことがないから、気分的には楽だ。
スポンサーサイト

1/17 thu. 結婚日記(反省会)

結婚式も終わり普通に飲みに行きたかったので、「反省会の前哨戦」と称して結婚式で遅くまで残ってくれたメンバー有志と飲み会。
休みだったワイフも来て、けっこういい気になって飲んでいたらすごい値段になっていた。
しかもワイフは飲みすぎてテンション上がってるし…。
まあでもうまい鳥の水炊きですごく満足できたし、なんとなくのお疲れさま会もできて良かった。
当日はなんだかんだ人がたくさんいて話せなかったし。
また今度は二次会幹事全員に加わってもらって本チャンの反省会だ。
でも今度は安くておいしい店にしよう…。

1/14 mon. 結婚日記(結婚式翌日編)

結婚式が終わって翌日。
想像してたのと違ってあんまり飲まされなかったんで、特に二日酔いもなし。

朝起きて、ワイフと朝食のビュッフェへ。
夫婦2人で結婚式の余韻に浸りながらゆっくりと。
今日は朝から大雨で、昨日はすごくいい天気だったことに感謝した。
それから結婚式で来た衣装やもらったプレゼントの整理をして、郵送の手配。
そんなこんなで10時半ごろチェックアウト、外は雨が雪になってた。

ブーケをドライフラワーにしてもらう手続きなんかをして、11時頃、花とか持って帰る荷物も多いしちょっとぜいたくしてタクシーで帰ることにした。
さて、走り出してしばらくするとどんどん雪がひどくなってくる。
タクシーはノーマルタイヤだったんで途中オシリを振られたりして不安な感じに。
だんだん坂があるポイントの渋滞がひどくなり、最終的にはほぼ動かなくなってしまった。
さらに、運転手さんが「ノーマルタイヤだから、もしかしたら立ち往生してしまうかも」と。
気がつけばタクシーに乗ってから4時間近く経っていて、僕もトイレに行きたかった。
最終的には運転手さんがスタッドレスタイヤをはいた別のタクシーをつかまえてくれて、近所の駅まで移動。
電車で地元の駅まで帰ってきて、食事をしてからバスで帰宅。
雪は雨になっていて、時間は17時、2人とも昨日からの疲れもあってぐったりしてしまった。

先週前半の週間予報では、元々日曜が雨で、それが1日後ろにずれた。
おかげで僕らの結婚式は快晴でできたけど、ワイフが言うとおり「今日みたいな天気だったかと思うとぞっとする」。
天気にした分、帰りは運気が悪くなったかな。

さて、明日からは通常営業。
職場のみなさんにはお礼を言わなければ。

1/13 sun. 結婚日記(二次会以降編)

披露宴を終えて、衣装室にいったん戻って荷物をとって、泊まっていた部屋に戻る。
ホテルに主導してもらうのはここまでだ。
部屋に2人きりになると、急に疲れが出てきた。
さすがにワイフも「二次会行かなくていいくらいかも…」と。
髪型を作っちゃっているワイフは横になるわけにもいかず、30分ほどテーブルにタオルを敷いて休憩。
僕もいすに寝そべるようにだらっと座って仮眠をとってた。

お願いしていたタクシーのお迎えの連絡で目を覚まし、気分も変えて二次会に出発。
ちょっと早く着いてしまって、遅れ気味の人たちに会ってしまったりしつつ、時間に二次会開始。
幹事がしっかりやってくれたおかげですごく盛り上がった。
僕らも今日ようやく食事ができて、楽しみながらもひと心地着けたかなと。
二次会荒らしの我が同期たちは珍しくワイフ側に押されたようで、特に飲まされることもなく僕も楽しく過ごす。
心配してたゲームも、景品がうまくグループごとに分かれた感じになって良かった良かった。

さて、最後に僕のあいさつと見せかけて、12月のアタマに準備しておいたワイフへのサプライズを披露。
最初に音が出なくてあせったけど、まあなんとか全部流せた。
ただ、会場の雰囲気はちょっと微妙で、さらにワイフ自身がビックリしすぎちゃったみたいでリアクションが薄い…。
まあやりきったっていうところで、僕は満足だった。

二次会も無事に終わって、もらったプレゼントなんかの大荷物をホテルの部屋に持って行って、着替えをしてたら三次会が終わって四次会のタイミングだった。
ただ、人数も10人くらいで、みんなと話ができるくらいの感じで好都合っちゃ好都合。

夜中1時にお店を出て、今日という長い1日だ終わった。
ワイフもごきげんだ。
一生の思い出になるすばらしい1日だったな今日は。

1/13 sun. 結婚日記(結婚式・披露宴編)

6時起床。
8時半には衣装室に行かなければいけないし、なんだかんだ食事や準備で時間がかかるので、相当早めに起きた。
天気は快晴、バッチリだ。
「さて、着替えて朝食に…」と思ったら、ワイフが「(両親への)手紙が書けない」と。
仕方がないので僕1人だけで朝食。
いいホテルで、それもテラス席で結婚式当日に1人ぼっち飯…さびしい。

僕が朝食を終えて戻ってもまだワイフは書き終わっていなかったんだけど、時間がないので衣装室へ。
ホテルの人みんなが「おめでとうございます」と言ってくれるのはうれしい。
すぐにワイフは着替えやヘアセット開始。
僕は少し時間があったので、披露宴最後の新郎あいさつを考えて待つ。
なんだか緊張してきたせいか、昨日の夕飯が良くなかったのか、腹具合が悪い。
しばらくすると僕も別室で着替え。
まずは白のタキシードだ。
どうも僕はしっくり来てなかったんだけど、介添え担当の人からは「お似合いですよ」と。
そのあと髪型をセットしてもらったら、なんとなく僕自身もそれほど違和感を感じなくなった。

僕の着替えが終わってもワイフは準備中。
ただ、準備をしている間に手紙は書き終えたらしい。
僕もなんとなくあいさつがまとまったし、トイレに行って腹具合も小康状態になってきたんで、これで心おきなく今日一日を楽しむ心の準備ができた。

準備を終えたワイフは僕が言うのもなんだけどキレイだった。
まずは写真撮影で、ホテルの中で撮影をしていたら、ばったり妹たちや遠くから呼んできてもらった人たちと遭遇。
「全然緊張してなさそう」と言われたけど、ただ楽しくなってきてニヤニヤしていただけだ。
ホテル内のロケ撮影、スタジオ撮影を終えて、集合写真の会場で家族・親族と合流して親族紹介。
甥っ子、姪っ子のチビッ子2人が良い感じで場をなごませてくれる。

そんなこんなであっという間に挙式の時間が迫っていて、僕らとワイフのご両親は挙式の前室に移動。
そこで挙式の手順を教わっていたら、「はい、じゃあ行きますよ」と。
今日1日を仕切ってくれるオジサンに「緊張してます?」と言われて、「はい」とか言って笑ってたらもう入場。
ドアが開いて一番最初に目に入ったのが仲の良い学生時代の友達で、それ見てニヤニヤしてしまったら会場内は爆笑。
そのままなごやかな雰囲気のまま、つつがなく挙式は終わった。
ちょっと快晴すぎて外光で暑かった。

挙式後、テラスで写真撮影。
だいたい呼んだ人のグループを一周したくらいで、披露宴の受付時間に。
僕らはいったん衣装室に戻る。
順調だし良い雰囲気で、僕はニヤニヤしっぱなしだ。
ただ、この間にウェルカムスピーチを再確認。
そこもちゃんとやらないと台無しになってしまう。

呼び込みがあって披露宴会場へ。
「思ったよりテーブルが詰まってるな」と思ってしまう。
テーブルを縫うようにして歩いて高砂へ。
ウェルカムスピーチも問題なし。
両家側主賓のあいさつがあって乾杯。
すぐに食事が出てきたけど、一口ふた口でもう写真攻勢が始まってしまった。
ビールを持ってきてくれる人もいたけど、ほとんどみんな写真ばっかりで、恐れていた飲まされすぎるということもなく…。
気づけばケーキ入刀。
母親から食べさせてもらうラストバイト、新郎新婦のファーストバイトをやって、僕の大学の先生のスピーチが終わったらもうお色直し。
けっこう時間あると思ってたのにあっという間だ。
ワイフが先にお色直しに出て、しばらくしてから僕の番。
高校からの親友をサプライズで呼び出したら、良い感じのバタバタ感で、また笑いが起こって狙い通り。

なんて楽しいんだと思いながら、グレーのタキシードに着替え。
こっちは着慣れている色合いのせいか、自分でもしっくりくる。
再入場の準備を終えて入口で待っていると、ちょうどプロフィールビデオを流し始めた時間帯で、「マジメに」と言ってたワイフ部分で爆笑が起こっていた模様。
そのあとの2人のパートでは僕が笑いを取りに行った部分できっちり笑いが起こっていて良かった。

再入場後はテーブルラウンドで各テーブルごとに写真を撮って、その時にとりあえず全員と話もできた。
それから友人代表スピーチ。
ワイフ側の友達が笑いあり、泣きありで、そのあとの僕の方の同期がちょーっと緊張で上滑り気味。
まあでも変に笑いを取りに行ったりせずにやってくれて良かった。

スピーチが終わってまたちょっと写真を撮ってたら、「では新婦のお手紙です」と。
てっきり会場のはじっこの方に僕らが移動してくのかと思ってたら、両親のみ移動して僕らは高砂の方からやるらしい。
ワイフの手紙に会場は涙。
それから記念品を渡して、うちの父親のあいさつ。
これがひどかった…。
あとでみんなに「お父さんおもしろいな」と言われたけど、僕としてはもうちょっとマジメにやってほしかったなと。
僕もちゃんとしようと思っていたのに、なんとなく調子を崩され、さらに話し始めたところで僕のジイサンが「長えな」とぼそっと言ったのが会場中に…。
気を取り直してあいさつを始めたものの、うちの親族からの妙な声援もあって、まあ盛り上がったんだかなんだったんだか。
退場後、エンドロールを流すのが外で聞こえて、僕が出オチを狙った写真がバッチリ笑いを取れていていたんで、あいさつの時の変な感じも僕の中でチャラになった。
という感じでまあ、とりあえず無事には終わった。

みんなを送って、最後にもう一度何枚か撮影。
1日カッチリした写真ばっかりだったんで、最後の1枚はちょっとフランクな写真を撮ってもらった。

結婚式と披露宴がこんなに楽しくていいものだなんて思わなかった。
準備は面倒だったし、ワイフともケンカが絶えなかったけど、本番は最高だった。
すごく幸せな気分だ。
これからもこの楽しい思い出を共有しながらワイフとやっていければいいなと思った。

1/10 thu. 結婚日記(最終打ち合わせと付き合った記念日)

今日は付き合って2年の記念日である。
年明けからプロフィールビデオを作っていたので、さすがに忘れなかった。

さて、今日はワイフのドレスと僕のタキシードの最終的な寸法チェックということで休暇を取っていたんだけど、ドレスのお店に行くと予約が入ってなかった模様。
ただ、待たされはしたけどちゃんと対応はしてもらえた。
僕のタキシードの寸法チェックはなかったけど…。

それから食事をして、なんだかんだ指示がないままずるずるしていた結婚費用の支払いを明日までにしてほしいとホテルから連絡があって銀行へ。
が、僕が通帳しか持っていなかったため手続きできず…。
結局明日になってしまった。
しかし、数百万のお金を払うことはおおごとなんだけど、いまいち実感がないというか。
かといって、お金を払うのはおしいような。
でもこんな日のために今までお金を貯めてきたんであって…。
まあ自分でも整理できない複雑な心境だ。

さらに15時からホテルで打ち合わせがあり、結婚式の全体の流れを説明してもらったり、最終的な打ち合わせをしたり。
もうだいたいのことは決まったんで、なんとなく結婚式やら披露宴をやる実感がわいてきた。
なんというか、もう決めなきゃいけないことがないというのがこんなに晴れ晴れとするとは思ってなかった。

打ち合わせ後、デパートでワイフに靴を買ってもらった。
輸入物のイタリア製の靴がセールで安くなっていて、遅いクリスマスプレゼントということで。
そのあとも買い物をして、今日は付き合って2年の記念日ということで僕が前に職場で行っておいしかったスペイン料理屋へ。
ワイフも満足してくらたようでよかった。

なんかいろいろ決まったし、靴も買ってもらったし、今日は気持ちの良い一日だった。
家に帰ってきたら、親への記念品も届いていた。
うん、あと数日だけど当日はうまくいきそうな気がしてきた。

1/8 tue. 結婚日記(見積もりと内職)

昨晩、ホテルから見積書が提示されたんだけど、予想はしていたものの金額はけっこうなものでびっくり。
とりあえず実家に連絡入れたところ、母親からやいのやいのといろいろ言われた。
こういう時は父親の方が話が早くていい。
話は「心付け」にもわたり、あーだこーだと。
うちのワイフはどちらかというとそういうのが嫌いなんだけど、あまりにも僕が実家と機嫌悪そうに電話しているので仕方ないと思った模様。
僕がなぜ不機嫌になるかと言えば、ワイフの実家にも同じことをしてもらわなきゃならず、そのためにワイフを説得しなきゃいけないからだ。
今回は比較的すぐに折れてくれた、助かった。
一律5000円、まあやるって決めちゃえばやるだけだ。

さて、心付けについてはすんなり言ったものの、今までちゃんと話をしてなかった費用負担についてでひと悶着。
僕が散々大風呂敷を広げていたのに、このタイミングで母親との電話もあったんで財布のひもを締めようとしたところ、ワイフにすごく直接的な言葉でダメ出しをされた。
直接的な言葉は言っちゃいけないことだとは思うけど、言われて仕方ないくらい僕の失言がひどかったので、素直に謝って、以前話していた「折半」というかたちで決着。
明日また親に連絡しておこうと思う。

見積書で僕はしょげかえりながらも、今日100円ショップで買ってきた素材を使って、2次会のプチギフト作成の内職を2人で3時間ほど。
材料は全部100円ショップだけど、たぶん単価は200円以内に収まっているはず。
直前だけど、2次会の景品もそろいつつあるし、着実に前には進んでいる感じだ。

年が明けてから、結婚式の準備で仕事をしている感覚がまるでないな…。
でも、職場も大目に見てくれていてすごくありがたい。

1/6 sun. 結婚日記(CD・DVD書き込みとの格闘と髪型)

昨日の晩、ようやくプロフィールビデオとエンドロール、披露宴中に流す曲にワイフが了解(根負け)したので、今日はそれをDVDとかCDに焼いて持ち込む予定だった。

僕の予定ではすぐに終わるはずが、6分少々の動画の出力に30分近くかかる上に、作成ソフトに付属のDVD書き込み用ソフトでエラーが出て使えない。
そもそもホテル指定の「VIDEO形式」ってどうやったらなるんだ、と。
3時間格闘して、2枚DVDをダメにして、イライラも頂点に達したので、あきらめて髪を切りに行くことにした。

結婚式に向けてワイフの指示でずっと髪を伸ばしていたんだけど、前に床屋に「切るなら1週間前が良いです」と言われていたんで、今日なんとしても髪を切っておきたかった。
受付OKギリギリの時間に滑り込んで、担当の人といろいろ相談して、いきおいで軽くパーマもかけちゃったり。
僕もオデコが広くなってきているんで、今回は前髪は下ろして、上の方はパーマもかけてボリュームを出す感じで。
セットしてもらったらけっこういい感じだった、僕じゃないみたいで。
しかしパーマなんて初めてかけたけど、全部で1時間でできちゃったし、仕事でまずいというほどにしないこともできるんだなと。
ただ、頭皮にはすごく悪そうだったから、今回の晴れ舞台だけで、もうこれっきりにしようとも思った。

すっかり遅くなってから帰宅して、DVDがうまくいかなかった件をワイフに改めて報告。
徐々にうまくいかないことについてイライラしていくのが見ていてわかりつつ、改善策を模索。
最終的に、mpeg形式で動画を出力して、Windows DVDメーカーでライティングすることがよいらしいという結論に。
そして夜中の2時近く、ようやくうまく行った。
ああ、こんなに簡単なことに1日費やしてしまった。
まあ出力時間中に、披露宴の最後に配るプチギフトへのシール付けの内職できたけど。
しかし、「ムービーシアター3」と、そのDVD作成ソフト「B's DVD Professional2」はダメだったなー。
はっきり言ってWindowsムービーメーカーで作った方が断然早かった。

まあでもこれで最大の懸案事項が片付いたので、明日から僕は少し余裕ができるかな。
ワイフはまだ自分のことがあるようだけど。
さて、もう本番は来週だ。
ようやく自分も楽しめる雰囲気になってきたかもしれない。