寝不足

口は災いの元

2014年09月の記事

9/23 tue. 用事と買い物

すごく天気が良かったのに、「日曜走ったしなあ」とか思うとカラダを動かす気も起こらずだらだらとしてしまった。

夕方から有楽町のロフトに時計を修理に出しに行った。
新婚旅行先のデンマークで買ったskagenの時計の日付表示の飾りがとれてしまっていて、その修理のお願いと、同じくワイフの持っているskagenの時計の電池交換。
日付表示の飾りは文字盤交換になるらしく、メーカーに出すそうだ。
費用は5,000円弱。
グランドセイコーに比べたら安いもんだけど、元の時計の値段が安いから当然か。

それから電池交換を待つ時間つぶしに銀座をプラプラ散歩。
ユニクロでインナー買ったり、たまたま寄ったGAPで50%オフクーポンもらったのでニット買っちゃったり。
おもしろみのない手堅い買い物をした。

時計を回収してから地元の駅に戻って、かかとの修理に出してた靴を回収。
仕事だったワイフと待ち合わせして夕飯を食べて帰宅。

ゆっくり休めたし、やっぱり仕事に行かない休日の方が精神的に充実する。
スポンサーサイト

9/18 thu. 大物感

久しぶりにワイフが産婦人科で診察。

いろいろあってワイフも赤ちゃんの様子を心配してたんだけど、全然問題なく大きくなってたらしい。
今の大きさは11cmくらいだそうで、エコーで見てたらちょうど足を伸ばしたらしく、こっちは心配してたのに伸びをするなんてとワイフも拍子抜けしたらしい。
なんとなく大物の予感がする、僕とは大違いだ。
ワイフに似たかな?あんまりワイフみたいにワガママにならないでほしいけど・・・。

エコーは今まで横からだったんだけど、今回は上からも撮ったそうだ。
もうぼんやりアタマのカタチがわかる。
ワイフもおなかが大きくなってきたのか、最近は尾てい骨が痛いとよく言ってる。
どうも骨盤が動いてそうなるらしい。

会えるのはあと半年後くらいかな。
元気で大きくなってほしい。

ちなみにエコーの写真はあとでまとめてSDカードに焼いてくれるらしい。
最近はそんなサービスまであるんだな・・・。

9/16 tue. グランドセイコーの修理

自分への昇進祝いに買ったグランドセイコーが、買ってから5年経ち予定通り電池が切れてしまった。
電池が切れてから数か月、ようやくセイコーのホームページから修理依頼。

グランドセイコーの修理やら電池交換は、製造元のセイコーに頼むか、そこらの取扱店に頼むか、選択肢は2つあるらしい。
ただ、ざっとネットを見た感じでは取扱店でやってもらったりすると傷がついただのなんだの・・・。
一方でセイコーに頼んでも「部品がない」と言われたのなんだの・・・。

まあ安い時計でもないので、一応安定を求めてセイコーに頼むことにする。
これがまためんどくさくて、ホームページの修理依頼からいろいろ選択していって発注をする。
買った時にビックカメラの店員さんが「オーバーホールは電池交換の時でいいと思います」と言っていたので、オーバーホールも依頼。
そしたら概算見積もりが33,000円。
思ったより高いけど、昔上司がブライトリングのオーバーホールで数万円と言ってたのを思い出し、一応こんなもんかと納得する。
今回はうちに取りに来てもらうことにしたんだけど、これが来週22日以降しか選択できなくて、仕方なく来週末27日を選択。
なんでこんなに限定されているんだ・・・?

まあそんなこんなでとりあえず依頼。
27日に回収に来るの忘れそうだ。
修理期間は約4週間、回収待ちと修理後の返送も含めたら、戻ってくるのはこれから5週間は先だ。
いやいや、高い時計はメンテナンスがめんどくさい・・・。

9/6 sat. 雲取山

夜中の3時半に迎えに来てもらい、途中コンビニに寄りつつ5時半すぎに鴨沢バス停に到着。
駐車場はまだ停められたので、小袖乗越に車が停められるところまで行かずにここから歩くことにした。

トイレ寄ったり準備をして、5時45分登頂開始。
30分ほど歩くと小袖乗越の駐車スペースに到着。
こっちがいっぱいなんじゃないかと思ってバス停の駐車場に止めたけど、30分歩くならこっちに停めればよかった。
ただ、ここ私有地らしいので、いろいろ考えると停められるならバス停駐車場の方が無難なのか。

基本的になだらかな登りをずーっと歩いて行ったんだけれども、これが長い。
七ツ石山の小屋をすぎて、まき道から尾根に出ると、そこからは景色が広がった尾根を歩いて行く感じだった。
尾根に出ると何か所か急登があって、歩くこと5時間、10時40分頃避難小屋に到着。
本に書いてあった予定時刻では4時間35分っだったんだけど、予想より時間がかかった。
山梨県の百名山の印があって、ここが山頂だと思ったら、周辺地図があって別のところが山頂だった・・・。
気を取り直して、少し歩いて山頂到着。
ガスってて周りは見えなかったけど、東京都最高峰を制した充実感はあった。

それから雲取山荘まで移動して休憩と昼食。
雲取山は途中の水場がちょこちょこあって、雲取山荘でも「沢やか水」なる沢の水がジャバジャバ出ていて、これがおいしかった。
帰り用にちょっと残ってたペットボトルに追加。

12時15分頃下山開始。
帰りは極力尾根は使わず、まき道があるところは比較的アップダウンの少ないまき道を使用。
雲取山荘で「3時半くらいから雨が降る」という話を聞いたので、気持ちは急ぎながら、その体力がなく・・・。
それでも3時30分ちょいすぎに小袖乗越の登山口に戻ってこれた。
そこからのバス停までの道はもう足が痛くって、やっぱり小袖乗越の駐車スペースに停めるべきだったなと。
そんなこんなで4時前に駐車場到着。
荷物を降ろしてたらちょうど雨が降ってきて、タイミングばっちしだったなと。

ひと息ついてから、少し山梨方面に進んで、「のめこいの湯」で汗を流して、足もマッサージ。
奥多摩のぬるくてぬるぬるするお湯は好きだ。
休憩してから都内に戻ってきて、夕飯を食べて帰宅したのが10時。
タフな1日だった。

以下、反省と感想。
・今日は山に登ると自分でもわかっていたのに、課の飲み会で飲みすぎた。
山登りに二日酔いは禁物だとわかっていたのに・・・。
さらに風邪ひいて咳が出るような状態だったから、完全に体調管理失敗。
おかげでペースは悪いし休憩は増えるし、ガイドブックよりもだいぶ時間がかかってしまった。
・今日は雨が降るかと思っていたんだけれども、朝は晴れていて、少なくとも山の中では降られなくて良かった。
途中曇っていて、山頂でもガスで何も見えなかったけど、一瞬富士山のアタマは見られたので満足しておこう。
・雲取山は登山道はきつい山ではないし、ガスってなければ眺望もすごく良さそうなので、すごく好印象。
ただ、登りの時間が長いので日帰りは体力的にかなりきついのと、交通の便が悪くて、車じゃないと行く気になれない。
・幸いクマは出なかったけど、シカとでかいカエルは見た。

9/1 mon. 4cm

ワイフの産婦人科受診2回目。

前回から2週間ぶりの受診で、2cmだったカラダが4cmに倍増!
おっきくなってることに関心しつつ、「異常ありません」の診断にほっとしたり。
まだカラダができてるところみたいだけど、元気に大きくなってほしい。
僕は写真でしか見ていないんだけど、ワイフがいうにはエコーで見ている時はくるくるよく動くらしい。

ワイフもつわりは特になく体調もそんなに悪くないようだし、まだまだ先は長いけど2人とも元気にがんばってほしい。