寝不足

口は災いの元

2016年09月の記事

9/23 fri. 横浜アンパンマンこどもミュージアム

「どうせ1日休んだくらいじゃ影響あるまい」ということで、休みの谷間に休暇取得。
娘がアンパンマンをわかるようになってきたので、横浜アンパンマンこどもミュージアムに家族で行ってきた。

11時すぎくらいに着くとミュージアムが長蛇の列だったので、先にレストランを予約。
ミュージアムの混雑状況はネットでチェックできるのだけど、お店を見たりレストランで食事している間に特に待たずに入れる状況になっていたので、ささっと異動してミュージアム内へ入館。
1歳以上の子供1人で1,500円は高いなと思ったけど、再入場はできるしオモチャももらえるので結果的にお得なのかなと。
実際、僕らもイベントに合わせて出たり入ったりした。

肝心の娘も楽しかったみたいで、いつもは着ぐるみ苦手なんだけれども、なぜかアンパンマンだけは平気で握手までしてもらっていた。
こじんまりしている感じだけど、娘も昼寝もせずに楽しんで、なんだかんだで夕方までいてしまった。
平日だし雨が降っていたので、あんまり人が多くなかったのもゆっくり楽しめた理由の1つかなと。

そんなわけで家族3人遊び疲れて帰宅。
娘を風呂に入れてそのまま眠ってしまった。
スポンサーサイト

9/10 sat. 重曹と駐車場とスーツ

たまたま娘にシャワーを浴びせていたら洗面所の蛇口が汚かったので、ネットで調べて重曹を水に溶かして歯ブラシで掃除。
これがおもしろいほどきれいになる。
その後、テンションが上がってしまい、風呂場やら玄関やら重曹で掃除。
理科の実験以外で初めて使ったけど、感動した。

午後から、駐車場の契約更新に不動産屋へ。
契約した時にも「1人でやってて、店にいないこともあるので」と言われていたけれども、今回電話したら「午後はいないので、必要書類は用意しておくので隣の喫茶店に行ってくれ」とのこと。
なんだそれはと思いつつ時間に喫茶店に行くと、勝手知ったる店員さんが契約書を出してきて、手続きの指示。
ものの5分で手続きは終わったけども、不動産屋と喫茶店にどういう関係があるのか聞ける雰囲気でもなく、なんとなくもやもやが残った。

そのあと、ワイフに了解を得て、スーツを作りに行ってきた。
仕事以外で休日に1人で外出なんてすごく久しぶりな気がする。
行ったのはZERBINOというお店で、作るのは今回が初めて。
僕の持っているスーツの順番でいうと黒のスーツが欲しかったんだけれども、話の流れで「最近ビジネスで黒はあんまりない」「量販店がそうしている」くらいのことを言われたので、濃紺に変更。
生地選びでのコメントもそうだし、そのほかにも今まで僕が作っていた麻布テーラー等々のお店へのコメントやら聞かされて、僕もずいぶん能書きが長い割に僕への核心を得たやりとりじゃないなと思ったりしつつ、なんかかみ合ってない感じ。
ちょっとあんまりいい雰囲気でもない中、採寸を始める前に、初めてのお店だからとは言わないまでも「自分の好み」だからと麻布テーラーでもらった寸法を参考にしてもらうように言ったら怪訝な顔までされる始末。
それが、採寸の途中で僕の胸囲が寸法と実寸で4cm違うことが判明し、店員さんの態度が急変。
「あれ、これずいぶん違いますね。測り間違いじゃないかな・・・それとも筋トレですか?いや、これ筋トレで胸囲4cm上げるってすごいですよ!」ということから話が盛り上がり、そこからは「いい体型している」とベタぼめ。
帰ってからワイフに言わせる「セールストークだ」でバッサリだったけれども、ほめられたのもうれしいけれども、コミュニケーションが円滑になったのが一番良かった。
上着もパンツも僕の好みで絞ったり余裕をとったりしているので、結果的に採寸を見せて正解。
お店の中ではベテランぽい人だったし、あとはうまいことバランスをとってやってくれるだろう。
仕上がりは1か月くらい先のようだけれども、やっぱりスーツを作るのは楽しい。

今日はなんだか充足感あふれる休日な気がする。

9/6 tue.-7 wed. 箱根旅行日記

遅めの夏休みで家族で箱根に旅行をしてきた。
直前に娘が熱を出したりしていたので、旅行には行ったものの、当初予定していたユネッサンはキャンセル。
僕がこっそり買い替えた水着は空振りになった。

車を買ってから箱根に行くのは初めてだったけれども、うちから2時間もかからず、ちょっとドライブしたら着いてしまった印象。
ほとんど僕が運転していたものの、小田原あたりで道を間違え、そのあとナビの指示が悪くて箱根新道に入れず、ワイフもイライラしたが僕もイライラした。

1日目は、僕が箱根新道に入れず寄ることになった箱根湯本で昼飯を食べ、そのあとは元箱根で遊覧船を娘に見せて、最近できたっぽい「畔屋」というところでまったり。
そのあと、少し早めにホテルにチェックインをして、温泉に入り夕飯を食べて就寝。

2日目は、ちょっとチェックアウトを遅めにしてから、僕は20数年ぶりに彫刻の森美術館へ。
大昔に行った時というのが、小学校6年生で転校した直後の修学旅行だったので全くおもしろかった記憶がなかったけれども、大人になってから行くと、その後の美術館自体の変化もあって、けっこう楽しめた。
昼飯を食べたり少しゆったり過ごしてから、早めに家路についた。

ワイフのおなかが大きかった2年くらい前に行って以来の箱根だったけれども、何が一番違ったかというと平日に行ったので、人ごみと大渋滞の箱根と全然イメージが違った。
人はまばらで、中国人観光客がたまにぞろぞろっていたりするくらい。
「やっぱり旅行は平日に行くもんだな」というと、「そうだよ、知らなかったの?」とワイフ。
考えたらもう何年も平日続けての夏休みなんてとってなかった。
今までは職場の雰囲気で「仕事に穴あけちゃいけない」と思ってたけど、実際には2、3日いなかったところでどうということもないし、今さらだけれどもこれからそういうこと遠慮せずにしていこうと思った。

9/3 sat. 水着

来週、遅めの夏休みで、家族でユネッサンに行く。

僕は行ったことないけれども水着がいるだろうと。
僕の持っている水着は10年ほど前に課の旅行で沖縄に行った時に買ったもので、数年前にワイフとグアムに行った時に着たけれども、10年前の年齢や流行を反映しているせいか、30代となった今僕が着るにはもうヤンチャなデザインでもう履きたくない。
ワイフには「そんなに着ないのにわざわざ買い替える?」と言われたけれども、やっぱりどうしてもガマンできず、新しいのを買ってしまった。

インハビタント水着

今回は長めに着られる無難そうなものということでいろいろ見たけど、これという決め手がない中、インハビタントのが良さそうかなと。
サイズはXSがウエスト78で、Sが83までで、実際のウエストが73前後の僕にはXSが良さそうなものの、在庫がSしかなくてこれが悩みどころだったけど、結果的にSも腰で履いて大丈夫そうな感じだった。

ワイフには怒られそうだけど、最近の水着は落ち着いた無難なデザインが多いし、これで向こう何年かは問題ないだろう、たぶん。
旅行がさらに楽しみになってきた。