寝不足

口は災いの元

2016年11月の記事

11/26 sat.-11/27 sun. 箱根旅行日記

先月に箱根に行ったばかりだけれども、前回は娘の体調不良であきらめたユネッサンにワイフがどうしても連れて行きたかったらしく、また行ってきた。

土曜日の午前中に出発。
前回、「箱根ではなく小田原市街に向かう」「箱根新道に乗れない」という病が発症したけれども、今回は小田原には行かず、なおかつ箱根新道は使わなかった。
今週は数十年ぶりの11月の積雪があって車でいけるか心配してたけど、ここ数日の日差しで問題なく行けた。

1日目は星の王子さまミュージアムへ。
あるのは知っていたけど足の向かない場所の1つだったけど、これがなかなかおもしろくて、娘も楽しんだり怖がったり喜んでいた。
結局、星の王子さまのストーリーはわからなかったけど・・・。
今週も仕事の疲れが溜まっていたので、娘の寝かしつけと一緒に爆睡。

2日目は朝風呂から、初めて僕が娘を連れて大浴場に入った。
朝食を食べてから早々にユネッサンに出発。
2か月前に買った水着がようやく日の目を見た。
僕は初めてのユネッサンだったけど、こんなにおもしろいところだったとは。
プールで遊んで、温泉に入って、帰りの車で眠くならないようにちょっと仮眠。
メガネをはずしていて温泉の洗い場がわからなかったのだけど、あとでネットで調べたら、入って左手に壁沿いに進むとあったらしい。
全然わからなかったな。

車を買ってからずいぶん箱根が身近になった。
帰りは渋滞に巻き込まれたけど2時間ほどで帰って来られるし。
これから年に1回ペースだったりするかなあ?
スポンサーサイト

11/22 tue. 来年の人事

午後、上司に声をかけれて別室に行くと、「来年の人事の話をしましょう」と。

一応、異動対象者だと認識しているようで、「希望先があれば推してやりたい」とのこと。
一方で「どこかに引っ張られたら、そっちの方が強いから、推しても通るとは限らないけどね」とも言われた。
僕も人事をやったことがあるので、結局うちの職場はそういう仕組みだということはわかっている。

ただ、これが一番困る聞かれ方で、正直なところ拘束時間が長くない職場であればどこでもいいのだけれども、かといってここで希望を出さないと結局マシなところには行けない。
ここで何も言わなければ、最近後輩たちから言われているように、次の異動先は今よりさらにきついポストになってしまう。

話をした上司は、どこまでやってくれるかは微妙だけれども今の仕事はよくわかってくれている人なので、ざっくばらんに話をさせてもらって、
第一希望は未経験だけど上司曰く「そこまで忙しくはない」ところ
第二希望は僕も前にいたことのある部署の別ポストで、昔に比べると楽ではないようだけど、基本的には暇なところ
第三希望は未経験で上司も性格が悪いらしいけれども、全く別分野で新鮮味がありそうなところ
で上司には登録。
果たして「推してやる」という意図に沿った異動先なのかはわからないけども。

家庭のことを考えると、とにかく今の部署からは異動がしたい。
仕事としてあきてしまっているし、突発的に発生した話への対応を求められることが苦痛で仕方がない。
異動したいということも感情としてガマンができず、人事の話をあけすけに話すのはご法度とわかっていても「早く異動したい」ということを日中も上司の前で広言してしまっている。
独身の頃ならこんなこと絶対にしなかったけれども、結婚して子供ができて、神経を使う場所が職場と家庭の2か所になると、やっぱり職場の負担は減らしたいという思いが出てしまう。

果たしてこのあと3月までどういう調整をしてもらえるのか。
希望を持つということで、ここから先は自分の人事の話はぐっとこらえて秘密にして願掛けしよう。

11/19 sat. 変化

今週水曜、大事な打ち合わせがあったんだけど、その準備でだいぶストレスが溜まっていた。
さらに打ち合わせ中に別の仕事が入り、僕は途中から打ち合わせに入れなかった。
打ち合わせ自体は無事に終わったみたいで良かったものの、途中から打ち合わせをはずされたみたいでイライラが溜まる。
さらに打ち合わせに参加せずに対応していた仕事は別の部署で対応していたことが分かって、僕の中で堪忍袋の緒が切れた。
気分的にもう仕事にならないので、残業も全部切り上げて職場を出た。
ストレスが溜まりまくってたんだけど、何がしたいわけでもなく、こんな時にストレス発散の方法がない自分にガッカリする。
とりあえず家に帰ることにして、電車の中で少し寝ることができたら、気分も持ち直した。
腹が減ったので夕飯を食べて、地元のビアバーに寄る。
ちょうどそんなにこんでなかったんで、店員の兄ちゃんととりとめのないことを話して、嫌な気分だったのはなんとか元に戻った。

家に帰ってからはワイフに嫌なことがあったとだけ言って、すぐに就寝。
久しぶりに平日に7時間も寝た気がする。

ただ、翌日はなんだかだるくて午前中休暇を取って、家で横になっていた。
午後から出勤すると上司から気味が悪いほど心配されて、「大丈夫か」と言われても、自分でイライラがたまりすぎて調子がおかしくなっているのでうまく説明できないし、説明したところで理解するようなタイプの上司ではない。
どうも疲労とストレスの蓄積が一気に出て、感情的な無理が効かなくなっているのではないかと思う。

こういう時に誰も頼れる人がいないということもよくわかった。
前々からメンタルは自分でなんとかするしかないとは思っていたけど、僕の人間力はまだまだだったということを痛感。
しかしこの状態、なんとかできるんだろうか・・・。

11/12 sat. カラダが衰える時

筋トレのルーティンとして、「平日のうち2日、それぞれ20回の腕立て伏せ」「週末のどちらかでプッシュアップバーを使ってゆっくり20回の腕立て伏せ」というのを1月か4月くらいか続けている。

平日の腕立て伏せを初めてから、週末の腕立て伏せが少し楽になったような気がしていたけど、今日筋トレをしたところ、カラダがやたら重い。
たしかに昨日飲み会だったけれども、筋トレやったのは今日の夜で24時間は経っているし、今までの経験ではまったくカラダが重くなるような要素がない。

ないアタマをひねって、結論は「衰え」だということに。
これからは増やす筋トレではなく減らさない筋トレに自動的に目標が変わってしまうのか・・・。
早く大人になりたいと思って生きてきたけど、こういうのはもっとあとで良かった。